魚梁瀬ダム釣行記(5/12)

GWは出勤してその後休みを貰って久しぶりに魚梁瀬ダムに立ち寄ってみた。
まっちゃんが知る限り、 ここの魚体は体高と肉厚を兼ね備えたトップクラスに属する。

さらに魚梁瀬、馬路温泉はヌルヌルして四国でも1、2を争う泉質?だ。
つまりまっちゃんの好きなダムの典型と言える(^^;;

ダムの水位は春から徐々に上がり続け、8月に満水になることが多い。
そのため、雨が降って急に水位が上がると接岸して釣れる、
いわゆる典型的な雨ダムだと思う。

5月11日、魚梁瀬に着いたのが10時半、水位はいつもよりも高めで珍しく濁りが入っている。
天気は大荒れで雨風が強く、竿を出す気になれない。(ホントはチャンスなのだが...)
こんな時は寝るに限る。 運転の疲れもあり爆睡!

12時半に起きると天気が回復していた。
温泉下を覗くとヘラが岸辺をウロウロしている、これはチャンス!
ゆっくり食事をして温泉下で1時半からの釣り。
竿の長さと宙か底で迷ったが11尺、1本の宙で餌うち開始。
 
数投でウグイがアタル。何枚か釣るとアタリが多少、大人しくなる。
せわしい動きの後のドスン!というアタリで合わせると、なんとヘラ(^^;;
ゴボゴボ!と水音を立てる。 なかなかゴツそうだ!

ヤナセ42A ヤナセの標準サイズ?。

すくって計測すると42cm、久々のヤナセベラ(^^)。
これはかなり釣れそうかな?、と思ったのも束の間、またウグイの猛攻。
濁りが入っているのでいつもよりも激しい。 

それでもコイ、マブまじりで35〜38cmがポツリ、ポツリと釣れる。
その後もう一枚42cmが釣れてちょっと早いが馬路温泉に行くため5時前に納竿した。
ゆっくりと温泉につかったのは言うまでもない(^^)、極楽極楽。

ヤナセ42B 肉厚はあるが若干長手

次の日、9時頃から同じ温泉下で釣り始めるが、昨日と打って変わって全く気配がない。
19尺1本半で2時間打ってウグイしか釣れないので諦めて納竿した。     
やはり大雨直後の増水がキーポイントか。  
できることなら、なだらかな浅めの床を打ちたかったところだ。   
短い滞在だったが、とりあえずヤナセべラの顔が見られただけよしとするか...。
もう少し近かったら...と、いつも思うダムである。

ヤナセのポイント 温泉下のポイント 濁りがきつい