04・5・16 風屋ダム

5月16日(日)
紀伊半島に大雨が降り、この時期にしては珍しく風屋の水位が25mラインを突破した。
朝6時に起きると未だ外は薄暗く、夜から降り出した雨がずっと降り続いている。
車で対岸に渡り、バックウォータの浅場に入った。

6時半から竿11尺、馴染み1本半の床で餌打ち開始。
5月半ばだというのに水は驚くほど冷たい。
餌打ちすると直ぐにウグイ、ウグイ、ウグイ、それも30〜40cmもある大物(^^;;
ちょっとタナが深すぎるか....

7時過ぎまで格闘すると流石に踊っていた浮子のアタリが静かになってきた。
ツンアタリで合わすと小さいマブナ、 ウグイよりはよろしい!

水位はじわじわ上がってくる。
時折、水の中でヘラの群れがセっているのが見える。
その影響でスレあたりが出るが、かまわず床に餌を打っていく。

7時半ごろ、浮子が馴染んで少しモンだ後、ドスンッ!と一目盛り入った。
合わすとゆったりだが重量感のある引きが伝わる。
”へらならデカい...!”

浮いてきた魚を見ると悠に尺半はある腹パン気味のヘラ。
かかった魚に2、3匹のヘラがセリにくる。
慌てずゆっくりと泳がせた後、慎重にタモに掬った。

風屋471  迫力の風屋べラ イカツイ!

検寸すると47.1cm。 その迫力に見とれる。

その後、しばらくして43.5cmが来た。
1本半強になったので、宙を打ってみたが大人しかったウグイがアタリだす。
水温が低いこともあり宙は難しそうか...

9時過ぎ、再度床に戻し、やや大きめの餌を打つ。
すると落ち込みでドスンアタリ!
かなり走り回ったが、ようやく掬って検寸すると45.1cm、スマートな放流ベラ。

風屋45.1cm  お腹の卵が殆んど出た後

その後は37,8cm級がポツポツと釣れたが
水位が2本近くになり、ウグイのアタリが再び激しくなってきたので
昼ご飯を食べて、釣場をさらに上流の浅場に移した。

その後、あまり調子が出ず、42cm、38cmを釣って5時に納竿、
夢の湯にゆっくりと浸かって帰路についた。