堀河ダム釣行記(5/22.23)

今年、初めて堀河ダムに出向いた。
堀河は魚影が薄いため、なかなか釣れないが
その分、ヘラ師も少ないので静かに釣れる所が気に入っている。
土曜日、数日前の雨で水位はほぼ満水、
やや濁りが強いが、湖面を見ていると浅ダナのモジリ が多い。
朝6時半から、柳と柳の間のポイントを14尺、1本の宙で狙う。
時折柳にヘラが絡んでいる。
しかし餌を打ち続けてもアタルのはブルばかり、浮子がまともに馴染まない。

8時半、ポイントを下流に移し、大場所で21尺、タナ1本の宙で餌打ち開始。
まっちゃんは長竿が苦手なので回し振りの練習も兼ねて早いテンポで打っていく。
時折サワリがあるが、先程のように馴染まないほどのことはない。
ヘラ師は他に一人いたが途中で帰り、完全に貸切り状態となる。

 大場所のP いつもの釣台二段重ね

11時半くらいから浮子がいい感じに動く。
しかしツンアタリが出ない。食い気がないのか...
そんな時、馴じみの途中で止めが入って、その後ドスン!と落ちた。
合わせたが空振り!クー!
いいアタリだったのだが(^^;;。。。

さらに餌をどんどん打っていく。
ツンアタリがたまに出るが乗らない、”ブルっぽいなぁ”

12時過ぎ、浮子が立って馴じみ際にドスン!と入った。
先程と同じようなアタリだが今度はしっかりとノッた。
重くてゆったり動くのでヘラだと確信。
水面に浮いてきたのは、まさしく尺半級のヘラ

それからが長かった。ここのヘラは長手が多いがその分引きは楽しめる。
長竿の所為もあるが、なかなか寄らない。
途中でガバッ!と何回も水音を立てる。
さんざん引きを楽しんだ後、ようやく玉網に滑り込んだ。
堀河45.8cm   長手ですが堀河初尺半(^^)

検寸すると45.8cm 堀河での初めての尺半!(^^)v

その後、昼ご飯を食べて夕方まで打ったが水位が落ちてアタリなし。
ナイターはせずに、ちょっと遠いが野半の里、蔵の湯につかりに行く。

日曜日は午前、午後でポイントを変えて長竿を振ったがブル2枚とシラハヤ2枚のみ 。
堀河の釣りはこんなもんです(^^;;;
しかし2日間、21尺を振り回して腕がパンパン
妙に力が入りすぎているのも原因で、まだまだ修行が足りないようです。