堀河ダム釣行記(6/26,27)

金曜日の夜遅く、会社から帰ってきた時点で体力は既に限界に(^^;;
遠出は諦め、近場の堀河ダムに走ってそこで爆睡。
朝6時過ぎに起きてみると水位はほぼ満水!釣場を見ると1等場所には既に先客が入っていたので
迷った挙句、対岸に入ることに。

ここは急でロープを使わなければ降り難く、かつ一人しか入れないのだが、
以前から一度、竿を出してみたいと思っていた。
いつもの釣台2段重ねで何とか21尺が振れそう。

ポイント 入ったP ロープ必要 (橋の上から撮影)

モジリはそこそこだが、殆んどが中央付近、”これは期待薄”。

7時過ぎから21尺、1本ちょっとのタナで餌打ち開始。
12時くらいまでバンバン餌打ちするがアタリも気配も全くなし。
このあたりから雨に加え、強い風が吹いてきた。
横風だが若干向かい風、Pの関係で回し振りができず、送り込みなのでかなり辛い。(><)

だがヘラ釣りにおいて向かい風は期待大、特に堀河のようなタナの浅い釣場は...
案の定、全く竿の届かないところでモジッていた魚が少しずつ近づいてくるのがわかった。
餌を練り過ぎた関係で2時まで粘り(腹ペコ)、あと2投という時だった。

風で波が強く、徐々に流される浮子が2目盛り、スッと入った。
反射的に竿を合わす。
道糸がビューン!、水面を沖に走って止まる。
何か重いものが乗った!

魚はゆっくりと動きだした。
竿の腰がへなっているので左手で上を支えながら重い引きに耐える。
なかなか浮かずコイのようだが、ここのヘラはこんな引きだ。 

しばらくしてようやく浮いてきた魚をみると尺半はありそうなヘラ。ヨッシャー!!
途中横の枝に引っかかったりしたが、魚ははずれず、無事タモに収まった。

堀河の465  急な斜面での撮影、真横から撮ればもうし少しマシ?

検寸すると46.5cm、 尾っぽで稼ぎました(^^;
一枚釣ったのでホッとしてようやく昼ご飯。

食事から戻って餌打ちを開始すると
カラツンが出だした。ヘラはまだいそうだ!

タナを少しずつ上げる(もともと1本ちょいだが)がなかなか食わない。
上に上げ過ぎるとアタリが遠い、下げるとカラツン!食い気がないのか難しい。
そうこうするうち、なじみ途中で入ったアタリで特大ウロコを掻いてしまった。 ヘタX3!(^^;;;
その後タナをちょっと落としたところで41.5cmを拾らって夢のような時間は終った。

堀河ベラ415  41.5cm こんな美形もいるんですね

その後アタリが遠のいたが夕方に長手の45.5cmが一枚出てこの日は終った。
ナイターはせずに、川辺の湯に入って食料を調達後、早々に就寝。

翌日も同じポイントに入った。
タナ1本半の宙、9時ごろ消し込みアタリで40cm前後のマブナ が2枚
ちょっと昨日と様子が違う。 

再びタナ1本に戻し餌打ちを繰り返すがブルのアタリばかり、
昼頃になって通り雨の直後、ドスン!アタリで39.5cmの良型が釣れたが後が続かない。
結局、昨日のような”神風”は吹かず、3時で納竿とした。

堀河ベラ39.5cm  この型で尺半が出れば言う事なしですが...

 今回対岸の1等場所にはたくさんの人が入っていたが、かたまって互いに潰し合いになっている。
管理釣り場ではないので、できるだけ間隔を広めにとって入りたいものです。