小森ダム 釣行記(7/24, 25)
巨ベラばかりに熱中してしまうと
釣り本来の楽しみを忘れてしまうことがある。
時には一人静かなダムで竿を出し、自然の中でゆっくりとした時を過ごすのもいい。
そんなことを考えるようになったのも、まっちゃんが歳をとった証拠か...(^^;;
小森ダムはそういう意味でもっとも天国に近いダムである。

7/24(土)
8時半にポイント到着、いつものことだが釣人は誰もいない。
水位はこの前よりも随分低く、ワンドの中にはヘラの姿が見えない。
次の目標である尺半を釣るためには本湖を攻める必要がある。
取り合えず本湖向きに長竿で攻めてみよう!安易な考えだ(^^;

水草が生い茂っているポイントを19尺、1本弱のタナで9時から餌打ち開始。
ヘラはこの上を回遊する。水は澄んでいるので餌もきれいに見える。

本湖寄りのP  本湖よりのP ダム1つ完全貸切りです(^^)

30分くらい餌打ちするとヘラが2、3枚、浮子の周りをまわり始めた。
この前と同様、魚はいるがアタリは出ない。

10時前、餌の着水音に気付いてか、大きめの魚が浮子の方に寄ってきた、ヨシヨシ。
浮子の近くに来るとスッと逆さまになって潜った。オオッ!
餌切りせずにしばらくアタリのない浮子を見ている。

突然、目盛り1つ残して馴染んでいた浮子がブスッ!と入った。
軽く合わせると正にそいつがスーッ!と泳ぎ上がってきた。
口元にはまだ白く餌が見える。

ゆったりと泳ぐヘラは軽く40を越している。
ガバッ!、ガバッ!と水音を立てながら水面近くを泳ぎまわっていたが
最後は大人しくタモに収まった。

肉厚があって尺半級の顔のデカサだ。
早速計測すると尾っぽが長く、45.0cmをちょっと越え、ヤッタァー!!
ホントに釣れる時はこんなもんです。

小森の初尺半  小森の初尺半(^^)v

その後37、39cmを追加した。この日は3枚で納竿
ナイターはせず、おくとろ温泉の少しぬるめの露天にゆっくり浸かって英気を養う。(^^)


7/25(日)
昨晩の雷雨の影響か、朝から曇り空。
この日は7時からタナ1本で餌打ち開始。

曇りなので偏光サングラスを外して浮子だけに集中しよう!
すぐにコイ、マブ、マブと釣れてその後、静かになった。
いよいよヘラが寄って来たか?
しかしサワリはあるのだが落とさない。浮子の動きが何だか変だ。

8時半過ぎになってサングラスを着けて浮子の周りを覗いてみた(^^;;
ナント、ヘラだと思っていた黒っぽい塊はすべてブル
こりゃ落とさないわけだ(^^;;

ふと横を見ると少し深い層にヘラが泳いでいる。
急遽、タナ1本から1本半強に落として餌打ち。

1投目、ブルのアタリが無くなり静かに、
2投目、馴染みきってしばらくして、浮子が突然消しこんだ。
合わせるとヘラがボコッと浮いてきた。やはりブルの下にいたのだ。
ちょっと大きめで検寸すると42.7cm

小森の427  ブルの下で餌を食べてました。

その後調子が出て36〜39.5cmを5枚かけ、12時に納竿した。
雨が降った所為か1日でタナが深めになった。
水が透き通っているから対応できたが(^^;;...
まだまだ青い、いい勉強になりました。