山田ダム釣行記(3/30)


今年の山田はダムゲート工事の影響で、例年より随分早く満水に近づいている。
水位は毎週20cm前後ぐらい上がっているので、もっと釣れても良さそうなものだが...
3月初旬の冷え込みの所為か水温が低いままでヘラの食い気がなく、
先週まで大型が釣れた情報はまっちゃんが現認した和尚さんの49.7cmのみだ。

水曜日、山田がハタいている(だが釣れてない?)との情報で休みを取って駆けつけた。
朝10時、偵察すると紀の国はすでに人が多く、奥広田と野田原は誰もいない。
どうせ釣れないのなら、水がきれいでハタいているヘラを見ながら釣る方がいい、
というわけで11時くらいから野田原で竿10尺、馴染みの1.5本床でエサ打ちスタート!

針は掲示板でおなじみの”ダメジナ7号”(結構小さい)
わざとスレようとしても難しいくらいのネムリ針で
この時期スレをかかないことを一番の命題に掲げているまっちゃんにピッタリの針だ。

しかし秘密兵器とは裏腹に打てども打てども何のさわりもない。
水が冷たすぎるのかブルすらアタらない。
時折50前後の腹パンに5、6匹の放流ものが付きまとっているのが見える。
こりゃ釣れても放流もんだなあ・・・

野田原ポイント 野田原のポイント いつもの台2段重ね

1時すぎ、いい加減エサ打ちがイヤになってきた時、
馴染み途中で浮子に少し止めが出て、その後スパッ!と消し込んだ。
オオッ!
乗ったのは40前後の放流ものだが、やはり宙で食った。
水温が冷たいため、床か宙かで悩んでいたがこれで吹っ切れた。

浮子をシズが乗らない軽めのものに変え
バカを長くして新ベラグルテン多めの軽いエサに変更。
エサ打ちのピッチをできるだけ早くし馴染みだけに注力する。
食う可能性がある、それが分かればエサ打ちも苦にならない。

午後4時すぎだったか
静かに馴染む途中、ブスッ!と2節くらいトップが沈んだ。
すかさず合わすとコツッとした手ごたえで何か乗った。うん?
スーと斜めに泳いだ後、ボコッっと沖に姿を現したのは黒々としたドデかい頭だった。
オオッー(@@) でかい!しかも腹パン

何回か沖に突っ走しろうとしたが、腹パンのせいか強烈でない。
その後を放流もんが2、3匹ついて泳いでいる。
ゆっくり泳がせて慌てず慎重にタモに掬った。ヨッシャ-!

もしかして?と思ったが計測してみると思ったより短く49.3cm
最近釣ってないのと腹パンなのでかなり大きく見えました(^^;;
せっかくなので重さも測ってみると2.7kg (3kgの道は遠い?)

49.3cm 今年の初ベラくん、釣運使い切り(^^;;;

ハタキのお仕事途中でしたので身体測定が終ってすぐに仕事を再開してもらいました。
まッ、今年の初べらにしては言う事なしです。

ホーム
バック