広野ダム釣行記(9/23、 24)

今週は違うダムを考えていたが、釣り仲間が広野に行くとのことで
連続で広野を攻めることになった。

23日は渋滞のため夕方4時前に広野に到着、
1時間だけ竿を出してみたが釣れる気配がない ので
そば&温泉の後、ダムサイトにて深夜まで仲間と歓談(^^)。

私は早朝のモジリが見たかったため、一足お先に寝させてもらった。
広野のように魚影の薄いダムでは
魚の居場所を見定めることがその日の釣果に大きく影響するからだ。

5時半に目を覚ますと、周りはまだ薄暗く、霧で真っ白
時間をかけてゆっくりと ダムサイト、岩屋、バックウォーターと見て周るが、気配は少なめ。
結局、比較的モジリが多かった先週入ったPの少し下流で7時半から餌打ち。

この日のポイント 水は少しアオコで薄濁

21尺、タナ2本の宙、魚が沖に出るまでに何とか食い止めようと急ピッチで打っていく。
餌はウグイに多少突かれても沈むように、芋グルで比重を付けカチカチに練り込んだもの。
ようやく広野用ウグイ対策としてこの餌に自信がついてきた。

この日はウグイの猛攻があまりなく、3投に1回くらいはウキが馴染む。
近場でヘラのモジリがあることから大暴れできないらしい(^^;
時折、霧雨のような細かい雨が降っている。

9時過ぎだったか、上流の釣り仲間がヘラを上げたのでタナ休めも兼ねて見に行く。
帰ってきた1投目、キレイに深馴染みしたウキがブスッ!と消し込んだ。
”いいアタリッ!”合わせると21尺が大きく弧を描いて止まった。

ゆっくりとした動き、少し待つと浮いてきたヘラはきれいな40上、
少し寄せるのに時間がかかったが、うまくあしらってタモに入れた。

広野尺半 ちょっと長め、広野3枚目の尺半 (^^)

最初は42、3と思ったが計測すると45.5cmとりあえずラッキー!
先週と2mmしか違わない(^^;;、見た目と実寸とは違うもんです。

その後も、 曇りの所為かコンスタントにアタリが出る。
結局、その後大物は出なかったが40上混じりで10枚。

    41cm 引きは強烈、

一日で十分満足したので夕方で切り上げ、ゆっくりと帰路についた。
今回は釣り仲間とも合流でき、楽しい釣行となった。

まっちゃん、再び絶好調モードに???