秋神ダム釣行記(10/29.30)

富山市から秋神までは41号を南下して2Hちょっと、
昼過ぎからナイターの試釣りに出掛けてみた。

夕方4時すぎに着くと2週間前の下見時よりも60cmくらい水位が落ちている。
どうやら徐々に減水しているようだ。この時点で駄目っぽい(^^;
せっかく来たので、いつものトンネルの手前に入ることに。。。

雨上がりの所為か空気はヒンヤリとするが、時折モジリが見られる。
来る途中にあった温度計は6℃ (@@)、しかし水温は暖かく12℃くらいはありそうだ。

竿21尺、床を測ると3本、ナイターということもあり、床で5時過ぎから餌打ち開始 。
直ぐにウグイがアタる、この魚は低水温にも強いので少々厄介だ。

6時半、馴染んだ直後、電気ウキがドスン!と消し込んで水中で止まった。
合わすとボコッ!沖目に浮き、水面近くを泳ぎまわる。
引きは間違いなくヘラ、しかも40上はありそうだ。
合いベラ 引きはヘラだったんですが...

掬って検寸すると43.8cm
しかし、後で撮った写真を見ると合いベラのようだ(>_<) 残念!
その後、50cmくらいのコイを釣って納竿。

次の日は、昼前から同じポイントに入る。
時折ヘラのモジリは見られるのだが全て対岸、
湖面は赤潮のような茶色の膜が張り、その所為で水中の魚は見えない。

 紅葉真っ盛り、水色は茶色

21尺、3本の底で餌打ちしたがウグイ以外はマブ1枚で終了。

秋神のマブ 秋神のマブ 軽く40cmは超えてい る。

日中は対岸に渡らない限り、難しそうだが
水位が大きく変わらないのならナイターで再度狙ってみる価値はありそうだ。。。

 対岸の紅葉