広野ダム釣行記(4/24)

今年の大雪の影響で広野ダムはようやく遅い春を迎えている。
山肌には所々残雪が見られるが、湖面の桜は満開だ。

魚体のすばらしさから、去年の秋からポツポツ通っているが
なかなかいい釣りができない。

朝7時から柳が水没した赤谷に入るが魚の気配がない。
上流から濁水が流れこみエサ打ち周辺の濁りがきつくなった。
これはダメだぁー、10時半、気分転換に上流を見て回る。

バックウォータ手前の大場所をみると所々水没した柳が見える、
と思ったが良く見るとヘラ玉だ(@@。
ハタく準備でバックウォータ周辺に集結しているようだ。

急いで道具を片付け先程まで真っ黒になっていた場所に陣取る。
ところがいざエサ打ちを開始するころにはヘラ玉が周りからすっかり消えていた。
あちゃ〜、ヘラ釣りはこれだから難しい(ーー;
また戻ってくることもあるか?、とりあえず18尺1本浅ダナでエサ打ち開始。

11時過ぎ、打ち始めるとすぐにウグイがアタる。
広野ダムの宙釣りはこのウグイとの戦い(^^)といっても過言ではない。

午後のポイント  大場所 竿18尺 シマノ煉

軽い針やエサだと浮子が全く馴染まない。
ヘラスレ10号に変え、芋グルを入れてエサの比重を重くする。

浮子が馴染まないことはないが、アタりっぱなしで直ぐに消しこんでしまう。
合わすと小さいウグイが10号の針を食っている。
多分、エサ打ち周辺はウグイで真っ黒になってるハズ。

”こうなったら集まっているウグイ全部釣ったるー!”
という勢いで次から次に上げまくり(^^;
2時間ぐらいウグイと格闘していたが、その内ふとトップが沈むことがなくなった
オヤ?

次の一投、浮子が馴染んで一度トップが消えたが、再び現れブスッ!と落とした。
未だウグイおるんかい!
合わせるとスーっと浅いタナでこちらに泳いできた。

最初はウグイと思った、だが近づいても上がってこない。
おや? 良く見るとデカいヘラがついている (^^;.
”ラッキー!” 
水中のヘラは尺半級
なかなかのファイトで泳ぎまわっていたが、最後は大人しく玉におさまった。

広野44.5cm  広野のべっぴんさん(^^) 

早速検寸すると44.5cm!
ようやく広野らしいヘラが釣れた(^^)v。
その後はまたまたウグイの嵐!
結局、大量のヘラ玉は戻ってくることはなかった。

次はなんとか尺半狙いたいが...