5/6〜7山田ダム、5/8風屋ダム釣行記

5月6日(金)
山田ダムと言えばナイターがメインと考える人も多いが
常連さんは昼間でも大型を釣っている。

6日早朝、
雨の予報だったので楽しみな野田原のボートを諦め
紀の国ワンドを見てまわる。
思ったより釣人が少なく、しかも見覚えのある車ばかり(^^;
殆どのポイントは台だけ置いてあるが、1箇所空いているポイントが...
ここは浅場だが毎年大型が出る一級Pである。
滅多に入れないのでとりあえず入ってみるか...

6時くらいから16尺、1本ちょっとの浅ダナでエサ打ち開始
数投で3節のドスン!で40前後の放流ものが乗る。
そのあとマブ、しばらくしてまた放流もの。
経験上、放流ものが釣れる時は大型がくる可能性が少ない。

10時過ぎにP移動を決断、
ゴルフ場ワンドにGW前に枝を刈り込んで作っておいたPに入る。
ここは大台を水の中に据え、その上に乗らないと竿を振れない。

刈り込みP 移動したポイント 沈んだ木の外側を狙う

竿は11尺、時折穂先が頭上の枝に当たるが気にしない(^^;;
万一バレて仕掛けがハネたら終わりなので
できるだけスレを掻かないよう、針はダメジナ10号に。

11時から餌打ち開始、何のサワリもないがどんどん餌を打っていく。
途中から雨あしが強まる。
初めは馴染みの1本ちょっとで打っていたが
冷たい雨でタナが下がるとみて一本半強に下げる。

1時半くらいからようやくブルらしきサワリが出る。
2時すぎ、なじみ際に突然浮子が消しこんだ。
釣れて来たのは41、2の地べら。
小さいが地ものが来るときはデカイのが来る可能性が高い。

その後またブルのアタリに変わったような気配。
4時過ぎだったか、アタリのリズムが少しゆったりとしてきた
と、思っているとカツッ!と小さいが節アタリが出た。

合わせるとちょっと大きめのヘラが浮いてきた。
沈み枝に絡まないよう、注意しながら何とか取り込んだ。

山田47.6cm  長手で型はイマイチ 尻尾切れました

検寸すると47.6cm
その後、40前後が3枚出たが大物は来なかった。

5月7日(土)
水位が急激に上がりすぎ、前日の場所では釣れなくなってしまったので
仕方なく突端の少し左手に入る。
しかし水温低下の所為か、急激な水位上昇にもかかわらず、アタリがまるで無くなってしまった。

夕方に一枚40くらいの地べらが来たのみで納竿した。
2日で山田の釣りは堪能?したので大雨で気になっていた風屋ダムに行くことに...

5月8日(日)
朝6時に起きて、無難なダムサイトで竿を出して見るが
大幅に増水したわりには魚の周りが予想以上に少なめ。
ポイントミスもあり12尺1本ちょっとの床で小さいがようやく一枚出た。

風屋のチャン ダムサイトは美べらが多い

昼前になって気配が少なくなったのでダムサイトから最上流の丸瀬に向かう。
この水位だと下流にわずかにできる細い溜まりが狙える。
少し上流のそば屋さんでざるそばを食べてから釣場を見に行く。

1時過ぎ、細い溜まりを見てみると少ないがヘラがセっている。
とりあえず竿を出してみる価値はありそうだ。

竿12尺、1本ちょっとの床でエサ打ちを始めると直ぐにヘラがスレてきた(^^;
水溜まりにはかなりのヘラが入ってそうだ。

丸瀬下流の小さい溜まり  なだらかな傾斜の床1本、夕方から入れ食い(^^)

始めはウグイが強烈にあたり、なかなかヘラは食ってこなかったが
夕方になってウグイアタリが遠のき、40前後の入れ食いなってきた。
アタリは殆んどがフワフワした後のドスン!や消し込み、久々に気持ちのいい釣り(^^)

あまり大型は出なかったが39〜43cmまで6,7枚出た。
急激な水位上昇でまだ大型が上流まで上がって来てないようだった。

風屋42.5cm  42.5cm このサイズが入れ食いに...

6時すぎに納竿して久々に夢の湯につかって帰路についた。

なお山崩れで寸断されたメインの道の修復にはまだ2、3年かかるとのことである。