広野ダム 釣行記 (2005 5/14,15)

5月14日(土)

4月28日から始まった1回目のハタキから2週間
そろそろ2回目のハタキが始まるころとみて
一路、広野ダムに向かった。

朝6時、日野川バックウォータを見て回るが全く気配なし、
中流を見ても気配がないので赤谷ワンドへ。

すでに釣仲間の和尚さんが来られていたので話を聞くと
43と40足らずが2枚来たとのこと。
見ると時折、ヘラが柳にセっている。
一回目の大ハタキは殆ど口を使わなかったらしいが...

大型を狙いたかったのでワンド下流、柳際を浅ダナで攻める
が、沈み柳に度々引っかかり、何回もハリス切れで全く釣りにならない。

通い慣れないダムではまっちゃん全くヘボ釣師(^^;;
対照的にホームグラウンドの和尚さんは順調に竿を絞り午前中で5、6枚上げている。

結局場所を3回変わったが、ハリスを10回以上飛ばしてアタリはウグイのみ(;_;)
半泣きで11時過ぎに和尚さんの横のポイントに本日4回目の釣場移動。

最後に入ったP 正面の木に向かってエサ打ち 新緑がきれい

ここは前に大きな木がありその陰にヘラが付くポイント。
しかし、周りに柳がないため食いが出難くく、釣人が度々入るわりに釣ったところは見たことがない。

取りあえず柳に根掛りしないだけましか。。。
障害物がないため餌を打ちまくって魚を止めるしかない、
竿16尺、タナ1.5本強、ちょっと深めで大餌をバンバン打っていく。

ウグイで馴染まない浮子を無視し、ひたすら馴染み切り?を続ける。
”こうなったら周りのウグイが満腹になるまで餌打ったるー...”

昼過ぎまで餌打ちするが相変わらずウグイがアタリまくる。
釣人がいつも午前中で引き上げる理由がわかった(ーー;

昼飯の御握りをかじりながら上流の和尚さんの様子を見させてもらうが
柳際、ゴミ際すれすれに浮子を立てている。
ウグイのアタリは少なく、やはり釣れるところは違うと感心。

2時過ぎ、杉の木蔭が浮子にかかって来た頃から
時折浮子が馴染むようになってきた。
2時20分ごろだったか、馴染み切った浮子がプスッ!と小さく押さえ込んだ。
軽く合わせるとグッと穂先が絞めこまれて重々しく止まったあと
ゆっくりと動き出す、オオッ!ウグイじゃなさそう。

それからはなかなか上がって来なかった。
ゴボッ ゴボッ!っという荒い水音で隣で釣っていた和尚さんが見にきてくれた。
”もしかして尺半あるかも...”
広野のヘラはそう思っても大概43、4cmということが多い。

ずっと両手で竿を立てているとようやく魚が寄ってきた。
尺半タモで掬うと尾っぽがかなりハミ出している。
広野472  広野の初尺半(^^)v  ちょっと長手

和尚さんの計りを借りて検寸すると尾っぽが長く47.2cm!(^^;;
何はともあれ、ようやく広野の尺半が取れた。
ボーズを覚悟していただけにうれしさが込み上げてくる。

それからはウグイアタリに混じって、順調に釣れ続く。
手返しが速いため、アタリの殆どが馴染み際の落ち込み。
魚の引きは半端じゃなく、
コイのような締め込みに何度も伸されそうになる。

結局、その後は尺半こそなかったが40上が5、6枚、
夕暮れの6時半まで計9枚、広野ダム初の爆釣になった(^^)。
広野43  最後に出た43cm

その後、今庄そばを食べ、スキー場にある温泉”やすらぎの湯”につかって疲れを癒した。

5月15日(日)
次の日は昨日のポイントにコイ釣師が陣取っていたので
対岸のポイントに入り、ミオ筋の宙を狙った。

水位が落ちたことと小雨で一日中寒く、
昨日と対照的に極端に食い渋りの釣りとなった。
なんとか40前後を5枚上げたが結局、大物は来なかった。

広野40  広野らしい40 肉厚もすごい

ボーズが当たり前の広野で2日とも魚の顔を見れて良かった、
そう思って広野ダムを後にした。

記念写真  久々記念写真(^^) 和尚さん撮影m(_)m