山田ダム釣行記(6/12)

堀河ダム
朝、5時に目覚めると堀河ダム、バックウォータは
すでにヘラ師が満員だった。
数日前にようやく釣れだしたという情報が流れたためか
ざっと見渡すと10人以上の釣り人が入っている(@@
先週、先々週とまっちゃんの他は1人か2人だったのだが。。。

仕方なく空いている上流寄りに入って竿を出すが、釣り人が多い所為か
もじりは下流でちらほらあるのみ。
下流では何枚か尺半が上がっているようだったが
まっちゃんには何のアタリもないので昼まで打って諦め、山田ダムに転戦した。

山田ダム
紀の国は最近釣れてないせいか、日曜の昼間になるとそこそこPが空いている。
12時過ぎに着くと突端Pに入っていた釣り仲間のHさんが帰るというので
その後に入らせてもらうことになった。
Hさんは金曜の夜から来ているが土曜にチャンベラ2枚釣っただけで
日曜の午前中はノーアタリとか。。。

ただこのポイントはミオに近く、数週間前まで大物がひっきりなしに上がっていた一級P
釣れてない時にしか入れないが、もしかしたらというワクワク感がある。
竿は堀河で振っていた21尺をそのまま出す。

 憧れ(^^;の紀の国、突端P 

食い気がないが魚は確実にいるハズなので、少しでも食い気を誘いたい。
浮子直下にシズをつけゆったりとしたフワをかける。

餌はダメジナ10号がぎりぎり隠れるくらいに小さく付け、馴染みだけを狙う。
モジリは浅いようだったが、魚に動く餌を見せるためにタナ2本強にセット。

1時から餌打ちを始めたがまったく何のサワリもない。
いいフキはでるのだが...

2時半ごろ、馴染んでいくトップが小さくスッと沈んだ。
加速が加わったというべきか...
反射的に手が出ると竿が曲がっている。(内心良く乗ったと感心(^^;)
ゆったりと回りながら浮いて来た魚は尺半を超えてそう。

案の上、口の先ぎりぎりに針がかかっている。
バラさないように慎重にためて、うまく暴れずタモにすべりこんだ。
重量があったので期待したが、型が良すぎて47.3cm

久々の尺半  お腹が大きく、見た目以上にゴツイ!

その後は全くあたりなく、夕方の納竿前に一枚チャンベラを拾っただけに終わった。

今後、水位が順調に落ちれば中流からダムサイトが面白くなる。