05・06・26,27 山田 ダム

26日(日)
今週は日、月の休みで山田に釣行、
本来なら四国や風屋に行ってる季節なのだが…(ーー;

日曜日、紀の国は気配が少なかったので愛宕上流に10時半くらいから入った。
すでに周りに入っていた地元の釣仲間は度々の空ツンで時折、竿を絞っている
が、まっちゃんだけはブルのさわりもない。
たまりかねて昼過ぎから場所替えしたがそれでもアタらない。(>_<)

泣きが入った夕方5時過ぎ、ようやく浮子にサワリが出始めた。
ただ食い気のあるアタリではなさそうだ...
夕方5時半、馴染み途中の落ち込みアタリで待望のヘラが乗った。
46cm、型はどうあれ一枚出てホッとする。

結局この日はこの一発だけで終了。
夕方、釣り仲間のKさんと合流して一緒に川辺の湯に...(^ ^)

山田46cm  46cm とりあえず一枚釣れてホッ!


27日(月)
月曜日、前日の釣果が午前中に集中していたようなので
朝4時過ぎに起きて竿21尺、2本半のタナで5時から餌打ち。

岸に寄っていた魚を留めようと、馴染み切りでガンガン打っていく。
針は大針を使いたかったが
前日、釣仲間が空ツンで何回も魚を掻いているので
ダメジナ10号で通すことに。

6時ごろ上手に入ったKさんは空ツンの後の消し込みで重い魚を乗せたが
どうやらスレらしく途中でバラした模様、
食い気がないのは昨日と同じか。

入ったP  愛宕上流のP どん深です

6時半くらいになって浮子が横ブレ?しだした。
どうやら水面がブルで真っ黒になって浮子にアタっているようだ(^^;;

1時間半打ち続けたので少し待ってみると、空ツンらしきアタリがある、多分ブルか?
アタリの主を確かめるためタナ2本に上げてみる。
浮子は相変わらず横ブレしていて落ち着かない。

7時ころ横ブレした直後に浮子がプスっと縦に落とした?ようなアタリ...
軽く聞き合わせをすると竿が締め込まれる
上がってきたのは40前後のヘラ。

ブルが浮子をつついて餌を動かし、ヘラがそれに誘われ食ったようなかたちだ。
面白いことに、同じようなアタリで2枚目の40前後が乗った。

ちょっと大きいヘラを釣ろうとタナを2本半にもどす。
8時ごろ、相変わらず横ブレするトップがズドン!と消し込まれる。
乗ったのは多少ましな43.5cm

その後は空ツン地獄に(^^;
ダメジナじゃなければ何回もスレを掻いているかも知れない。

タナをいろいろ探ってみると2本弱で空ツンがなくなる。
しばらくそのタナで打ってみると横ブレの後のスッと落としたアタリに重いのが乗った。

ゆっくりと泳ぐ魚の動きで大型と確信。
ようやく浮いて来たヘラは見た目、軽く尺半ありそう。

ゆっくり泳がして掬ってみると、腹パンで型が良すぎる "コリャ伸びないなぁ〜"
案の定、計測すると47cmしかない。

山田47cm    47cm いい型ですが。。。

その後40前後をもう一枚追加してあまりの暑さに昼食休憩
ここで疲れがどっと出て夕方まで木陰で爆睡、
4時半過ぎから餌打ちしたが全くアタリがなくなり終了。

結局、釣れたのは全て待ち釣りでブルのサワリの後、
嫌われ者のブル君もたまにはいい仕事をする?(^^;;

ようやく本流筋が面白くなってきたようだ。