秋神ダム釣行記(7/2)

金曜日の夜、インターネットの積算雨量は北陸岐阜地方でハネ上がっている。

秋神に行くチャンスはここ2年なかった。水位は低いようだが増水は間違いないだろう。

意を決して夜10時、茨木ICから高速に飛び乗った。
名神から東海北陸自動車道をガンガンに飛ばし(^^;
荘川ICで降り、その後は下道で秋神ダムに着いたのは夜中1時半をまわっていた。

朝5時前に起きるとヘラ師の方が一人おられ、いきなり、"まっちゃんさん?"
と話かけてきた。よく見るとインタ-ネット英仁の電気浮子のゴトヤンさんだ。
大雨の後だと言うのに水位が低い所為か、結局、釣り人はゴトヤンさん、その友達とまっちゃんの3人だけだ。

水位は予想以上に(以前の秋神釣行記よりも)低く、高速代かけて来たことを後悔しかけたが
湖面を見まわすと、ヘラがウロウロしている。 これはチャンスかも???

ゴトヤンさんたちはゴミの中でゴミ除けをうまく組立て短竿で、
まっちゃんはそのゴミの下流で18尺、1本半でスタート!
数投でマブナ、その後はウグイがアタるが、肝心のヘラは一向に釣れない。
魚は浮子の下を通っているのだが...足が速すぎ、食い気が出ないようだ。

そうこうする内、ゴトヤンさんが1枚かけた。さすが秋神の釣りを良く知っている。
アタリもたくさんあるらしく頻繁に竿を合わせている。
ヘラはまっちゃんの竿の前を通りすぎ、次々にゴミの下に入っていく。
その後、ゴトヤンさんはまた竿を絞る。ゴミ下でしかエサを食わないのか?

ちょっと焦りが出てきたとき、馴染み途中でカツ!と落とした。いいアタリ!
スッーと浮いてきたのは尺半級の茶色いヘラだった
が、ガバッ!と水面で音を立てたと同時に針が外れた。

ク〜!(>_<)、口に掛かっていたようだったが、掛かりが浅かったのか?
ダメジナ針を使っていると口先ぎりぎりに針掛りしていることが何度かあったが
ハズれたのは初めて、 くっ、悔しすぎる。

その後、ゴトヤンさんの友達も2枚かけ、結局釣ってないのはゴミ外のまっちゃんだけ(ーー;
昼前に魚の気配がなくなりゴトヤンさん達は昼寝に上がったが、
ボーズのまっちゃんは一人下流にPを移し、竿21尺でウロウロしてるヘラを狙うが食うそぶりなし。
途中ポイントを2回変わったが、魚っ気が全くなくなってしまった。”ダメだこりゃ〜!”

1時半ごろ、再上流を覗きに行くとゴミとゴミの間がポッカリ空いて、
ヘラが真っ黒になってじっと浮いている。 
ダメもとでやってみるか、 "魚がいるところに打つ"、ダム釣りの鉄則だ。

釣れたポイント  最上流のコーナ、対岸にヘラが浮いていた。

再び下流から道具を運ぶ、本日4回目の釣場移動、 
もうこれはヘラ釣りではない(^^; 渓流釣りの領域に踏み込んでいる。

竿そのまま21尺、浮いているのでタナ1本、勝負は早いと読んだ。逃げるか食うかだ。
1投目、ベチャベチャにしたエサをそっとヘラの中に落とす。逃げるそぶりはない。
しばらく待ってから静かにエサを切る。
対岸にはゴミがどんどん流れてきてその下にもヘラがたくさんついている。

3投目、エサの着水音でゴミ下のヘラが少し反応して近づいた。
食わせられるかも...

6投目、投げ入れた浮子の周りを細かいゴミが覆った。
動かない浮子をしばらく見ていると、スッ!と1目盛り落とした。

反射的に合わせるとゴツン!、穂先が完全に止まった、オヤ?
その後、ゴボッ!というバカでかい水音とともにゴミ下からデカべラが浮いてきた。

ダメジナ使ってはいるが、スレかも? 半信半疑だったが
見るとがっちり口にかかっている。"よっしゃぁぁー!" 

魚はどう見ても尺半以上、腹パンなので引きは鈍いが21尺、なかなか手前に寄ってこない。
頼むから外れずに上がってくれ。。。

どれくらい時間がたったか、ようやく寄ってきたと思ったら
今度はもう一方の針が手前のゴミダマリの流木に引っ掛かった、万事休すか..

.そのままグー!と引っ張ると運よく流木の針がビシッ!と外れた。
普通の針なら魚もハズれることが多いがそこはダメジナ、糸が緩んでもそう簡単には外れない。
なんとか手前まで寄せ、ようやくゴミと一緒に掬くえた!

秋神の48  秋神の48腹パン 言うことありません!

計測すると48.3cm!(袋に入れといて後でゴトヤンに計ってもらった時は48.0cmに)
寝ないでがんばった甲斐ありました(^^)v

その後、そのPはゴミと流木でいっぱいになって終ってしまった。
後から思えば、ほんの一瞬のチャンスだった。

再び下流にポイントを移し、夕方まで打ったが
結局、ゴミのないところでは口を使わすことができなかった。
難しすぎるぞ、秋神!

その後ゴトヤンさん達は夕方からナイターに突入したが
まっちゃんは釣果に満足したので、お別れの挨拶をして
広野ダム経由でゆっくりと下道を帰ることにした。

ゴトヤンたちと楽しい話もでき、有意義な釣行となった。

記念撮影  ゴトヤンさん、ありがと!m(_)m