広野ダム 釣行記(9/17,18)

前半戦で使い果たした釣運も、先週の風屋の40上で回復の兆しが見えた。
今週は3連休だが土日の休みで広野ダムに出向いた。
9月17日
以前にも書いたが広野は、ウグイとの戦いである。
いったんウグイが集まるとウキが全く馴染まない。

朝8時半から21尺、一本半で餌打ちを始めたが、30分くらいで浮子が馴染まなくなる。
沖目では時たまヘラのモジリが見えるが浮子に変化はない。

11時半、馴染まないウキにいい加減、嫌気がさし、タナを2本強まで一気に下げた。
すると3投に一回位は浮子が馴染み始めた。時折ツンアタリで大きめのウグイが乗る。

そうこうする内、静かに馴染んで動かない浮子がツンと入り、食い上げで浮いてきた。
軽く合わせると重い引き、ヨッシャー!
久々のヘラのよう(^^)。
釣れてきたのは広野にしては長手の39cm、とりあえず型が見れただけ良し。
その後は再びウキが馴染まなくなったので、今庄そばを食べに行く。

  39cm、尺半タモでは小さく見えます

2時半から夕方時合いに期待して餌打ち再開するも、全くウキが馴染まなく、この日は終了。

9月18日
朝6時半から竿19尺で餌打ち開始、
冷え込みが厳しく、時折ふく風にTシャツ+長袖シャツでも寒くて震える。

餌打ち2投目からウキが馴染まない。
土曜日よりも更にウグイくんの活性が高そう(^^;;

ポイントがイマイチ納得できず、一時間打って場所変更、
さらに一時間打つが釣れそうな気がしない。
結局、前日目をつけていたPでモジリが見られたので9時前に2回目の場所移動。

ここはヘラの通り道なのか、ヘラ玉やモジリが安定して見られる。
ただ今日は冷え込みの所為か、モジリは極端に少なく、ヘラ玉も全く見当たらない。
玉砕しそうな予感...
昨日釣れたタナ2本で餌打ち、ヘラが寄ればウキは馴染むだろう...?

最後に入ったP  最後のポイント、辿り着 くまでが大変

ところが11半まで打っても全く馴染む気配がない。水面は小さいウグイで真っ黒になっている。
12時前に2本半強に落とすと嘘のようにウキが馴染み出した。 オヤッ?

何匹か大きいウグイを釣った後、ウキの動きが静かになる。
アタリがないウキをしばらく見ているとブスッ!と押さえ込む。
重い引きでヘラが乗ってきた。昨日よりも若干小さい38cmのきれいなヘラ。

さらに餌を打つとウキが馴染むので、未だヘラは居そうだ。
フワフワしていたウキがスーッと持ち上がって小さく押さえ込むアタリで
30cmくらいのかわいいヘラ、ちょっとがっかり。
やはり深いタナではサイズが伸びないのか?

次の1投、馴染んで直ぐにブス!と1目盛り半入ったが、合わせ損ね(^^;;
”サイズが小さい割りにはいい当たりだ”などと批評していると
再度、ブスッ!と押さえ込んだ。

軽く合わせるとゆったりと茶色の物体が浮いてきた。
”ボコッ!”
まるで潜水艦が海面に浮上するイメージ。
茶色なので一瞬鯉かも?と思ったがデカいヘラだ。

腹パンなので強く引かないが重いので寄せるのに苦労する。
ようやく掬った時は全身の力が抜けた。
かなり重いが型が良すぎる。
案の定、検寸すると45.7cmしかない。

  広野457 45.7cm これぞ広野ベラ(^^)

しかし、ようやく広野らしい尺半が取れた。(^^)v
その後はウキが馴染まなくなり、さらにタナを3本に下げて
40弱のヘラを2枚追加、
だが、先ほどのヘラを見た後はチャンベラにしか見えない。

結局、2時半以降はアタリがなく4時に納竿とした。
ヘラ自体を釣るのが難しい広野で5枚は出来過ぎか...

  広野記念写真 セルフタイマーで撮って見ました が....