広野ダム釣 行記(4/8、9)

和尚さんから送られてきた立派な広野ベラの写真が、まっちゃんの釣りの虫を起こした。
土曜の昼、広野ダム
に到着すると和尚さんがすでに釣られていた。
釣場を見に行こうとするが、積雪&土砂崩れでダムサイト以外どこにも行けない(@@。
床釣りのできる釣場所が少ないため、柳を切って短竿が振れる場所を作って釣り始めた。

竿7尺1本ちょっとの床で夕方の時合いを期待して竿を出してみる。
水温は雪解け水の影響か、かなり冷たい(多分10℃以下)。
結局、この日はアタリボーズで今庄そばと温泉に浸かって就寝。

日曜日は6時に起きてモジリを探す。長竿、浅ダナの宙を試そうと思っていたからだ。
柳が水没している向こう側を狙える所に釣座を構える。

 日曜に入ったP いつも の釣り台2段重ね

竿19尺、一本強のタナで7時ごろから餌打ち開始。
あまりタナを深くすると竿を上げる時に手前の水没した柳に引っかかる。
針は柳の引っかかりとスレを抑えるため、いつものダメジナ8号、この水温では
もう少し小さい針の方がいいだろうがある程度大きくないと餌打ちが辛い(^^;。

2時間程度、馴染み切りを繰り返しても何もアタらない。やはりこの水温で宙は無謀か...
あきらめかけた時、ほんのわずかだが小さいサワリが出た。
ただ連続したアタリはなく時折ウキをフッと浮かす程度、
何か小魚が触っているようなアタリ。

その内、フッと浮かした後にチクッ、ほんの数ミリ押さえ込んだ。
思わず竿を合わせると、何か引っかかった。
また柳かと思ったら、ゆっくりと動きだした、オオッ(@@!

水温が低くすぎるためか?、本当にゆっくりとしか動かない。
上げてみると40弱のヘラ。とりあえず今年の初ベラくん。

 宙でよくかかってくれました。

一匹釣るとまたアタリがなくなった。
一時間ほど経過するとウキにわずかな変化が出る。
その内、ムズッというゆっくりとした押さえ込みに聞き合わせをすると
先ほどのヘラと同じように、竿が曲がったまま動かない、
が、一呼吸おいてゆっくりと動きだす。先ほどよりも重そう。

上げてくると40上はありそうな型だ。
すくって計測すると43.3cm 初40上(^^)v
 今年の初40上 無茶うれしい(^^)

その後、しばらくしてまたサワリが続いた後42cm級が釣れた。
それにしても水温が低いせいかウグイもあたらず
ヘラが針掛かりしてもしばらく動かない。

こんな釣りは初めてだが
水温が低くても、仕掛けと餌次第では宙で狙えることがわかった。
収穫、収穫!