秋神広野ダム釣行記(5/13、14)

5月13日(土)
13日は朝から
雨の中、秋神ダ ムバックウォータで竿出し。
21尺、床2本半の1本半の宙で7時ごろから餌打ち開始。

5月だと言うのに、とにかく寒い(>-<) 多分気温は10℃以下。
ホカロン、体に貼りまくるも雨と風にガチガチと震えながら餌打ちを続ける。
ヘラは対岸と竿の届かないミオ筋でモジるのみ、アタリはウグイばかりなり。

結局、寒さに耐え切れず3時過ぎにギブアップ!
年券を買ってなければ絶対に竿出ししない状況だ。

あまりに情けなかったので口直し?に広野ダムに向かうことに...
水位が低く、障害物のない秋神とは対象的に
広野の沈み柳の有難さを身にしみて感じた次第である(^^;;

5月14日(日)
ハタキを期待し、朝5時半に起きてバックウォータ、赤谷と見てまわるが魚の気配なし。
結局、釣果の安定しているダムサイトPに引き返すが、
タッチの差で福井の釣り人に先を越されてしまった。

仕方なくGWに入ったバックウォータの柳Pに6時過ぎから入る。
水位は先週の土曜から50cm位は上がっているか...
得意の釣り台2段重ねで19尺、一本の宙で餌打ち開始。
 先週も入ったポイント

最初は柳の外側を狙って餌打ちするが、1投目からウグイがあたる。
しばらく餌打ちしていたが、アタリが激しいので試しに柳の内側を打ってみた。
先週、柳の内側はウグイのアタリがおとなしかったからだ。

するとあれだけアタッっていたウグイのアタリがなく、静かに浮子が馴染む。
オオッ!(@@)
近くにヘラかバスがいる所為か?、障害物の中にはウグイが入りづらいのか?
とにかくアタリは静かだ、よしよし(^^)
しばらく餌打ちを続けても、時折ウグイがさわる程度。

8時半ごろ、静かに馴染んだ浮子がチクッ!と抑える。
すかさず合わせるとギューンという糸鳴りにヘラだと直感。
強い引きで暴れたが、何とかタモに掬うと以外と重い。

広野42 広野のブタベラ  肉厚凄い

寸法は42cmしかなかったが、今年一番の良型(^^)。
わざわざ秋神から来た甲斐ありました。

その後もウグイの弱々しいアタリが続く。
たまに針に枯れた草の茎が掛かってくるので、
茎が林立している間に餌が入ってウグイのアタリが遠いのかもしれない。

しばらく餌打ちを続けていると9時ごろ、ドスン!といいアタリで押さえ込 む
合わせるとゴボッ!とヘラが浮いた。

見た目先ほどと同じサイズだと思ったが
玉網で掬ってみると尾っぽが長い。
広野4枚目の尺半 型普通ですが初尺半はやっぱうれしい

計測すると45.4cm、今年の初尺半!とりあえずラッキー(^^)v 

ふと釣り台を見ると水位が落ち始めている。
こうなると柳際を狙う釣りは辛い。
今まで問題なかった箇所で針が柳に引っかかり始めた。

その後、沈み柳に二回仕掛けを取られ、途中浮子回収もあり釣りにならなくなった。
昼前にこの場所はあきらめて、今年初の赤谷ワンドにPを移す。

去年は良かった赤谷だが、今年はハタキの時以外、さっぱり釣れていない。
浅場にはヘラの群れがチラホラ見えるので魚がいないわけではない。
が、本湖に比べると水色が良くない気がする??

結局、柳周りを4時すぎまで攻めたがウグイのアタリのみでギブ。
今年の赤谷はやはり釣れないようです...