秋神ダム 釣行記(5/20、21)
5/19の金曜日には岐阜高山地方でもそこそこの雨が降った。
これはチャンスとばかりに、懲りもせず(^^;秋神に出向いた。
5月20日(土)
朝7時、富山を出る時に降っていた雨が、秋神に着いたころにはすっかり上がっていた。
九時すぎ、トンネル下手に到着すると水位は予想以上に高く
水面を見るとヘラがウロウロしている。
去年の大曲りPよりも若干上手に陣取り、19尺1本の宙で餌打ち開始!
 画面中央の黒い影はへら玉

水位がどんどん上昇するためか、魚の足が速すぎて落ち着かない様子。
予想どおり、餌打ちを繰り返すもエサには全く反応しない。
浅ダナの所為なのかウグイも当たらず浮子はいたって静か。

11時半、馴染む途中に突然ドスン!
合わせると何だか引きがおかしい、ゴンゴンゴン!
上げて見ると40くらいの合いベラ(ーー;; 

12時ごろ、ゴミ横に浮いていた浮子がチクッと入ったような気が...
合わせてみると今度はゆったりした引き、ようやく秋神べラが来た。

秋神の初ベラ 秋神で尺半以下の初めてのヘラ

型はイマイチだが、今年の秋神初ベラは42cm
その後、急激に雲行きが怪しくなり大粒の雨が降りだす。

昼食にしようと車に戻りかけると下流でヘラ師を発見。
話を聞くと朝から短竿で床を釣っているがマブ、コイばかりだと言う。
やはり床は食わせにくいのか...?
結局その方はヘラの顔を拝めずに帰っていったようだ。

その後、雷がひどくなってきたので、しばらく車の中で待機、
雷が鳴るとヘラが怯えて釣れなくなるという話は聞いたことがあるが...
2時半、ようやく雷が収まり釣り再開。
この時、名古屋の方が来られトンネルの上手に入られた。

雷説は当たっているのか?その後はひたすら餌打ちしてもアタリを出すことができない。
思案した挙句、夕方には必ず岸辺を回遊するはずと短竿に切り替えることに。
4時半ごろから竿13尺に変更し、浅ダナの床を狙ってみる。

岸に向かってほぼ横向きに餌打ち。
一本ちょっとの宙が風に流され、かけ上がりの床について止まるというパターン。
水位は上昇を続け、かなりの数のへらが岸辺を回っている。

しかし、いいアタリで釣れてくるのはマブ、コイばかり、 う〜ん...
まわっている数はヘラの方が多いにもかかわらずである。

辺りが暗くなりかけた6時すぎ、フワついていた浮子が2節ブスッ!と入った。
合わせてみるとゆったりしたヘラの引き、ヨッシァー!!

暗くなってヘラの警戒心が薄れたのか?
タモに掬ってみるとさっきよりは、かなり重くて大きそう。
秋神の尺半 暗くなる直前で釣れた尺半上
計測すると45.5cm 秋神らしい太めのヘラだ(^^)v

この後アタリが出ず、ナイター浮子に変えたが、風が強まり結局ナイターせずに終了。
近くの臥龍温泉にゆっくりと浸かって、明日に備えて早々に就寝。

5月20日(土)
朝5時に起きてトンネル上手を見てまわると予想どおりハタキはじめている。
今年の釣行で初めてのハタキ遭遇である(^^)
こんな時は経験上、早朝時合いが出ることが多い。
 手前に草を沈め、柳横を8尺で狙う

水位が中途半端でいい場所がなかったが、とりあえず柳横を短竿で狙うことに。
8尺、一本半の床を一本宙で餌打ち開始!
針はヘラスレ7号、餌ボサつけのゆっくりと馴染ませる釣り。

魚は浮子の下を走っているので浮子は良く動く。
20分後、馴染んで直ぐのブスッ!といいアタリ。
合わせると黒っぽいヘラが浮いてきた。
秋神43cm モーニングサービスの43cm

掬って計測すると43cm! よし、これから釣りまくるぞ!
と張り切ったのも束の間、その後はコイや合いベラがアタリまくり、
ハリスを何度も飛ばされて釣りにならない。

ちょっと一服しに上がると、昨日、昼から来た釣人が起きてこられた。
話を聞いてみるとやはりコイとマブナばかりだったらしい。
その方はしばらく湖面を見ていたが、この日は釣りをせずに帰っていった。

この後、いろんな場所で竿を出したがマブばかりでヘラを食わせられない。
4時ごろようやく41cmを上げて、4時半に疲れ果てて納竿した。

今回、うまく大物に口を使わすことができなかったが
目の前を泳ぐ秋神べラは大きいもので60cm近いのも...
ほんとに秋神は凄い&難しい。

ホーム
バック