御母衣ダム 釣行記(6/3)
今週、雨が殆ど降らなかった北陸、岐阜の多くのダムは減水に転じた。
しかし減水中であってもセリに遭遇し、いい釣りをすることがある。

金曜の夜12時前に秋神トンネル横に着いたが魚がセっている気配はない。
気温は10℃前後で肌寒い、その時点でナイターは取りやめ就寝することに(^^;;

朝5時過ぎに起きてモジリを観察する、が、どうもイマイチ。
水位が2m下がったこともあってヘラのモジリは下流のミオ筋から対岸に集中している。
一時間くらいじっくり見てまわったが諦め、車で1時間の御母衣を見に行くことに。

御母衣ダム落部川上流に着くと
サクラマスを狙う釣り人が3人、馬鹿長で立ちこんでルアーを投げている。
良く見ると彼らの投げているその先でヘラが集結してギラギラしている。

早速、車を乗り入れ、馬鹿長をはいて立ち込み釣りを開始。
ヘラが真っ黒に集結しているPを竿15尺、一本の宙で攻める。
 濁りで見難いが、竿先の黒い影は全てヘ ラ

こんなに真っ黒なヘラの中で釣りをするのは初めてかもしれない。
まるでヘラの絨毯だ(@@)
ダメジナ使っていてもエサ切り時に度々引っかかってしまう(^^;;
もうこれは爆釣間違いなし!!
と思ったが...
世の中そんなうまい話は滅多にない。
いくらエサ打ちしても全くアタリが出ない、アリャリャ???

水位は見ているうちにどんどん落ちていく。これが食いを鈍らせている原因か?
カッツケから2本弱の床までいろいろ試してもアタリは細かなウグイのみ
9時から12時まで夢中でエサ打ちしたが一発のアタリも出せず玉砕、
トホホホ...(ーー;;

ご飯を食べに車の戻る途中、手前の台地の浅場にもヘラが集結している。
タナは1本ちょっとくらい。もしかしてここなら食わせられるかも。。。
浅場の台地に立ちこむ、タナ一本ちょっと の床

昼食を食べ終わって場所移動。
浅場の1本ちょっとの床を竿15尺でエサ打ち開始!

3投目馴染み終わってしばらくしてドスン!といいアタリ
合わせるとギューン!と沖に走って何かに引っかり動かなくなる。

そのまま引っ張ると片方はハリス切れ、もう一方に木の枝が掛かっている。
アチャー!どうやらブッシュが生えていて、床の状態が良くないよう(ーー;

しかし、食いアタリが出たことに気を良くして
気持ち床チョイ切りでエサ打ち続行、時折
、枯れた細い枝が引っか かってくる。

30分くらい打った時、浮子が急に浮いてきた。
ちょっと早いエサ落ち?と思って竿を上げると魚がノッてた(^^;;
御母衣の40上 御母衣の40上、型イマイチ(^^;

群れの中ではかなり小さいサイズだがとりあえず一匹ゲット!
37、8cmと思ったが計測すると案外長く41cm
床が悪いために食い上げアタリになったようだ。

その後、水位が見る見る下がり、ハリス切れ頻発でうまくいかない。
1時間くらいエサ打ちしてさらに下流に場所変え。

床でエサ打ちしていると先ほどと同様の食い上げで一匹追加
これも小さいと思って計測すると40.5cm、
 この日2枚目のヘラ

目の前には尺半級がウロウロしているのに
ちょっと物足りない...

その後竿19尺に変更して沖目を狙ってみる。
床にすると引っかかる ため一本半の一本の宙。
30分くらいエサ打ちをしていると
落ち込みアタリのドスン!で同サイズを追加

ようやく調子が出てきた、と思っていると
次のエサ打ちで馴染み切った浮子が消し込む。

合わせるとボコボコッという音とともにデカイのが沖目に浮いた。
ところがなかなか重くてこちらによって来ず、
結局沖のブッシュに引っかかって痛恨のバラシ 
クゥー!(>_<)

その後、急に風が強くなり全く竿が振れない状態に...やもなく納竿。
一歩間違えば大釣りをしていただけになんとも悔やまれる釣行となった。
まだまだアオいです...