06・07・08 九頭龍ダム

今年の北陸の梅雨は殆んど雨が降らず、雨量は例年の1/6だとか、
そのため近辺のダム水位は下がっていくばかりで、当然釣果はきびしい。

そんな中、先々週の土曜日、ポイント下調べのため九頭龍ダムに出向いてみた。
九頭龍ダムは広大な割りに40cm以下の数釣りというイメージが強かったため
釣りをせず素通りすることが多かった。

今回もあまり釣る気がなく、昼過ぎから荷暮川上流を見てまわり、
伊勢川のバックウォータに来た時、
神戸から来ていたヘラ師に出くわし、状況を聞くことができた。

久沢川を調べた後、3時過ぎからその方の下流で竿を出させてもらった。
時折目の前をヘラ玉が通り、秋神などに比べるとヘラがスレてない気がした。

4時頃、1本半から3本に落とした直後の落ち込みアタリで、運良く一枚拾うことができた。

九頭龍の初ベラ 39cm 黒々してイカ ツイ

釣果はこれだけだったが、回遊するヘラは優に尺半UPもいて、九頭龍の印象が少し変った。

7月8日
朝7時過ぎに富山から高速に乗り、白川ICで降り下道で南下、
さらに荘川ICから白鳥ICまで乗り継いで
伊勢川バックウォータに着いたのは10時過ぎ。

この前よりも水位は2m以上落ちていたが、少しヘラ玉が見られたため
10半過ぎから竿21尺、釣り台2段重ねで打ってみることに...
ヘラの回遊層からしてタナ一本半でいけると踏んで通してみる。

 対岸に近いP 21尺1本半で 真ん中付近

この前の経験から、午後から水位が少しずつ上がり始め、
時合いは午後に多いようなので午前中はノンビリとエサ打ちする。
時折、ウグイ、ニゴイがアタるが浮子の動きは然程せわしくはない。

昼過ぎに名古屋の常連さんが来て、いろいろと話を伺う。
やはり数年前までは尺2寸クラスが10枚以上という釣りがあったようだが
最近は尺半混じりと型が大きくなった分、釣れる枚数が少なくなったとのこと。
どうやらまっちゃん好みの巨ベラ釣場となってきたようだ(^^)

1時15分、常連さんと話をしながら半分いい加減にエサ打ちしていると
馴染んだ浮子がしばらくしてブスッ!と小さいが力強いアタリ、
いいアタリ!とあわせてみると案の定ヘラが浮いてきた。

この前のヘラと違って色白のベッピンさん、
見た目38cmくらいと思ったが計測すると40.5cm
 九頭龍の40上 お腹少し入ってます

おッ、これは行けそう?と思ったが、時合いは結局このときだけで
夕方までやったが浮子の近くを通るものの、うまく食わせることができなかった。

消化不良の釣りが続くが、へら玉が何回か近づいてくるので飽きることはない。
手漕ぎボートを持ち込む人もいるようなので、次はボートで攻めてみたいと思った。