秋神ダム釣行記(7/22、23)

7/22 (土)
朝6時に起きると、まず茶色の湖面にびっくり、先週の帰りには澄みかけてたのに...
水位はどんどん落ちているようなので台地は避けて小トンネルすぐ上手に入る。
下がってるとはいえ、これほど高水位の秋神は初めてでPが良くわからなかった(^^;。

モジリは湖面中央にあったので、竿18尺一本半でエサ打ちを開始するがウグイあたりのみ。
水温はこの時期にしては、驚くほど冷たい。

10時ごろ、鈴蘭トンネル上手に入っていた釣人がヘラをあげていたようなので
一服がてら、話を伺いに行く。

名古屋からの常連さんらしく
タナは一本ちょっとの草面ちょい切りとのこと。
ワンドの中はまっ茶色に濁っているが、未だかなりのヘラが入っているようなので
今の位置より少しワンド寄りに場所変えすることに...
釣れた時の水位、入って50cm以上 減水

先ず18尺を出して柳の際に浮子の立つ位置を探すが草でうまく馴染まない。
諦めかけて手前を探ると浮子がきれいに立つ、どうやら誰かが草を刈ってたらしい。

それならと13尺を出して一本の宙を打つ。時おり濁った中にデカいヘラの影が見える。.
セリアタリだけで、食い当たりはなかったが。
昼過ぎにドスン!といいアタリで乗って来たのはマブナ。
先週から宙でも床でもマブナばかり、ちょっと好かれているようだ(^^;

2時ごろ床近くまで(といっても1本半強)浮子を下げていくとスレアタリが多くなる。
こちらの方が見ていて飽きないな、と思っていると
ちょっとゆっくりだが重々しいアタリで一節入った。

軽く聞き合わせをすると、ゴボッ!、大きな黒い口が浮いてきた。
おおッー!!(@@)、紛れもなくヘラだ、それも尺半ありそう!

コポッ、コポッ!と口を開けながら、ゆっくりとおとなしく近づいてすんなりタモに収まった。
掬ってみるとデカイと思ったが型が良すぎる。
秋神462 ホントに久々の尺半です(^^)
計測すると46.2cm、やはり見た目より短い。
でも本当に良く掛かってくれてました(^^;;

結局、昼間はこれ一枚でその後は再びマブに変わる。
夕方からナイターに備え10尺の短竿に変更。
水位が急速に落ちているため、エサの落とすポイントは昼間とさほど変わらない。
タナは一本ちょっと。

ナイターになり、マブ、マブ、マブと釣れ続いた8時ごろ
食い上げでポコッ!とヘラらしき魚が浮いてきた。
掬ってライトをあてるとやはりヘラ
   今年初めてナイターで釣ったヘラ
計測すると43.5cm。
この後、釣り続けようか迷ったが、温泉の誘惑には勝てず、臥龍温泉に...
やはり露天は最高だった(^^)

7/23 (日)
朝5時半に起きて周りを偵察、昨晩釣っていたPはすっかり水がなくなっている。
どうしようか迷っていると地元のヘラ師が来られ、いろいろと話を聞いた。
結局、その方は”こりゃダメだわ”と釣りをせず帰っていった。

その後も次々に釣人がきたが誰も釣りをせずに帰る、
やはり高い日券を買ってまでする価値はないとの判断だろう。

年券を買っているまっちゃんはダメもとで竿を出してみることに...
干上がった台地の辺から打ってみたが結局マブナのみ。
昼過ぎから水が澄んできたので一本半の床チョイ切りのエサを見ながらの釣り。
ヘラが回遊してくるのが見えて結構楽しい(^^)

しばらくするとヘラがエサの周りを回りはじめた。
そうなると今までアタッていたウグイが嘘のように当たらない。
釣れるカモ、そう思った矢先、馴染んで動かなかった浮子がブスッ!と入った。
合わせると黒々したデカいヘラが浮いてきて沖に向かって水面を走った。
ゴボゴボッ! ヤッたか、と思った瞬間、針がビシッ!と外れた。

結局地合はこの時だけで、3時すぎに集中力が切れて納竿。
今年の秋神もこれで終わったか...?

 美ベラに久々セルフタイマー