九頭竜ダム釣行記(5/3〜5/5)
今年の春は纏った雨がなかった。
”GWは概ね観光日和です”
こんな予報を聞いた時、GWのダム釣りは終わったと...

しかし折角なので、比較的水の多い福井の九頭竜に出かけた。
今回はボートを出してあるポイントを狙おうと決めていた。
それは伊勢川と久沢川の合流点、いつもヘラ玉が見えるポイント、 
3日の昼から手漕ぎボートで渡る。

予想どおり、周りにはたくさんのヘラ、ヘラ、ヘラ、これは行けそう(^ ^)
竿16尺、一本ちょっとのタナで攻める。
 しかし、エサ打ちを開始すると全てのヘラが竿の届かない場所に移動。
完全にこちらの動きを見透かされている。

”そんなー!折角ボート出したのに ィー!”
とりあえず、何もいなくなったポイントにエサ打ちを続ける。
時たま通るヘラの群れもエサには全く興味を示さない。

一時間ほどしてウグイが立て続けに釣れたことから
この釣りは諦め、岸に溜まった浮きゴミの際を攻めてみる。
 ボートから降りて陸釣り 16尺で岸に ほぼ平行

ボートで上陸時、ゴミにヘラが付いていたのを思い出した。
ひょっとしてまた入ってくるかもしれない...
気配を少なくするためエサ打ちはゆっくりと、待ち釣りのイメージ。
岸辺に近いためか、ウグイも当たらない。

40分ほど打った時、ぼーっと眺めていた浮子がブスッ!と1節押さえた。
合わせると沖目に糸が走り、茶色いヘラが浮いてきた。
あまり大きくないがいい型だ!
タモで掬うと結構重いが計測すると41cmしかない。
九頭竜の腹パン 九頭竜らしいへラ

ところが、この頃から頭が痛くなってきた。
GW前半から車を運転しっぱなしだったので目が疲れたよう。
浮子を見続けるのも辛くなってきた。
その30分後に37cmを釣ったところでギブアップ。

結局、後から考えるとこの時、もっと釣っときゃ良かった...

4日、5日は長竿から短竿、早朝、ナイター、宙から床の待ち釣り
いろいろ試してみたが、口を使わすことができなかった。
あらためて透明度の高い釣り場の難しさを思い知った。

 最後に入った伊勢川のハタキ場

大自然の中
きれいな水と新緑、ウロウロするヘラを見られただけでも良しとするかぁ (>_<)