広野ダム 釣行記(5/12,13)

木曜日に降った雨は広野ダムの水位を一気に1m上昇させた。
土曜日の朝、釣場を見てまわると赤谷、バックウォータなどで単発のセリがある。
狙っていた岩谷は気配が無かったので、久しぶりに赤谷に入ってみる。
 
最初、ミオ筋の柳を19尺、1本半の宙で攻めるが
一投目からウグイがあたる、こんな時はあまりよろしくない。
我慢して一時間半ほど打ったが浮子が最後まで馴染まずギブアップ
大抵、ヘラが釣れるときはウグイのアタリが少ない時が多い。

周りを物色し、バカ長で立ち込んで柳と柳の間を狙って見ることに。
竿8尺、床の状態が分からなかったが仕掛けを投げると
次々に引っ付き虫の細い枝が抜けてくる。

ようやく柳の際に浮子を馴染ませる空間ができた。
昼前から1本半弱の床ちょい切り?でエサ打ち開始。

 ピンポイントの釣場、両側に柳

予想どおり全くアタリがない(^^)
時折、ヘラのセリで浮子が左右に揺れるだけ。

20分ほどエサ打ちすると、突然バスッ!と浮子が消し込む。
合わすとそこそこのヘラが浮いてきた。

途中片方の針が柳に引っかかったが、引っ張るとその針だけ切れて
ヘラは付いている。上がる時はこんなもんです。
狭い場所を泳ぎまわったが首尾良くタモに納まった。

  広野にしては型イマイチですが

型はイマイチだったが最近の状況では文句言えません。
計測すると42.5cm 今年ようやく3枚目の40上(^^;;

その後は一本針で釣ることに。
これは40上量産か?と思ったが
この後、大ゴイ3連発!
続いてチャンベラの入れ食い、ウグイが当たらないだけマシか...

結局、型物が釣れないまま夕方に...
風が止み、何か釣れそうな雰囲気が漂ってきた。
この頃から浮子の動きが静かになる。

6時過ぎになると浮子の向こうに大きめのフキが一つ出た。
”おおッ!、間違いなく大型のヘラが来ている”

気合が入った次の一投、サワリがある。
少し待ってみるとフッと浮かした後、ズルっと入った気が...(^^;
合わすと、黒い物体がヌーと浮かび上がって来た。

当たりがイマイチだったのでスレかも?と思ったが
ガッチリ口に咥えている。
暴れることなく、頭を振りながらゆっくりと近づき
タモに納まった瞬間、ガボガボッ!!と大きな水音。
ヨッシャー 思わすガッツポーズ!

 迫力のヘラさん、腹パン気 味

これは尺半間違いないと計測するが44.5cm、そんなー!(;_;)
この後、浮子が見えなくなるまでやったがダメだった。

次の日は水位が落ちていたので早朝のみと踏んで
朝7時から同じ場所でエサ打ち。
早朝に38cm級が一枚来ただけで後はチャンベラばかり。
魚の数も減って釣れそうな雰囲気がなかったので昼前に納竿
今庄そばを食べて早々に帰路についた。