広野ダム 釣行記 (2007 5/26,27)

金曜日の雨は久しぶりにまとまった雨量を関西にもたらした。
北陸の九頭竜がいい水位だったので夜10時、名神高速に乗り込んだ、
っとここまでは良かったのだが...

あいにく、名神は工事渋滞、京都東ICまでノロノロ運転で一挙にトーンダウン、
夜中の1時、 力尽きて広野ダムに途中下車(^_^;;

土曜は和尚さんが例会をすると言っていたので人気の赤谷は避け
静かに竿を振れるバックウォータを攻める。

大柳下手の凹んだPを13尺の宙で狙うがウグイアタリのみ、
1時間半後に見切りをつけ大柳にポイント変更
朝見た時にはコイしか見えなかったので避けたのだが、
コイでウグイアタリが少なくなれば、まだ釣れる可能性がある?と思ったのだ。

 大柳P 手前は大ゴイが ウ ロウロ

竿はそのまま13尺、うまい具合に柳ぎりぎりに餌が落ちる。
手前は浅い台地だが柳付近は落ち込んで深くなっている様
タチ1本半強の床で打ってみる。

予想通り、直ぐウグイは当たらなくなったが、
今度はマブナの入れ食いに(^^;; それも40cm近い。 
腕がだるくなった10時過ぎ、 浮かした直後のツンアタリでヘラがゆっくりと浮いてきた。
計測すると42.5cm 未だお腹が大きい。

 床釣りできた40上

この後、午前中にもう一枚、昼寝をして夕方に3枚来たが
41〜43cmまで型が揃ってしまう。
柳の向こう側ではデカいヘラがモジッていたのだが...

次の日は早朝から長竿で柳の向こう側を浅ダナで狙ってみることに...
ミオ筋に近いのでウグイとの格闘は承知の上、ハイリスク、ハイリターンだ。

竿19尺、タナ1本半で柳の向こう側に浮子を立てる。
早朝5時半から餌打ち開始。
ここは日が昇ると強烈な向かい風になるのでそれまでの勝負だ。

 竿19尺、浮子は柳の向こう側 

一投目からウグイが当たる。
1時間ほど餌打ちを繰り返すと踊らされていた浮子が急に馴じみ始める。
何のさわりもなく、ゆっくりと静かに馴染む。
時折、横揺れがあり、確実にヘラ、それも大型の気配...
広野特有の ”アタリがない”しびれるような緊張感!! 堪りまへん(^^) 

わずかに動き出した浮子がチクッと入った。
合わせるとゴボゴボッ!静寂を破った大きな水音とともに右側に出たデカい魚は
次の瞬間、柳の向こう側に走り始めた、煉で強引にためても耐え切れない。
次の瞬間糸が柳に絡まり痛恨のハリス切れ(> <)
ハァーッ... 最も心配していたことが。

その後、餌切り時にスレて再び柳に絡まりハリス切れ、
最悪のパターン!(>_<) 釣れない時はこんなもんです。
ヘラが去り、浮子が踊り始めた。

7時半頃、本日2回目の馴染みが始まった。
スレを掻いたのでタナは一本強まで上げる。
静かな浮子がフーと浮き上がりブスッと1目盛り入る。
沖目に走ったが、柳だけに絡めないよう強引に引き上げる。
38cm、大型狙いだったのでガッカリ...

さらに餌打ちすると吹きはじめた風に揺らされた柳際の浮子が一気に消し込み。
そう、宙はこのアタリが来なくては!
先ほどよりは重くなかなか浮いてこない。
少し期待したが計測すると44cm。

 今回の最長寸44cm 

次の1投、食い上げで42.5cmが釣れた後、再びウグイアタリに戻る。
10時前、予想どおり風が強まり竿が振れなくなったので納竿。

今年は、なかなか大型を釣ることができない。
ポイント、釣り方の歯車が今一つうまく噛み合っていない
っていうか要するにまだまだヘタッピということです(^ ^;;