07・06・15,16 山田 ダム

金曜日、午前中に病院に行く用があったため、休みをもらい
昼過ぎから久しぶりに絶好調の山田に向かう。
着いたのは夕方4時過ぎ、ダムサイトはこの時点でも結構人が入っている。

愛宕近くのいつも入るPが空いていたので
4時半から竿21尺2本の宙、針11号、ハリス1.5号で餌打ち開始。

夕方ようやく釣れて来たのは尺ちょっとのチャンベラ、
その後尺2寸位のサイズが来てアタリがなくなった。
全体的に好調とは言え、現実はそう甘いものではない。。。

このPはどちらかというと夜になると魚が着く所なので
ご飯を食べ、最近あまりしなくなったナイターへと突入。

竿そのまま、タナ2本半強で餌打ちするとズバッと消し込みアタリが続く。
乗って来たのは40くらいのマブナ(>_<) やはりナイターでは難しいのか?

夜8時半、タナを2本にあげて餌打ち、この頃から魚の気配が出てくる。
浮子が頻繁に動いて空ツンが出始める。どうやら水バタキをしているよう。

馴染みの消し込みや空ツンが続いた後、チョン?アタリで食ってきたのは
41cm腹パンヘラ。山田ではチャンの部類だが良しとしよう。

さらに消し込みアタリが続き、ようやく乗ったのは44.5cm
調子が出てきたと思ったがこの頃からアタリが少しずつ遠のいた。

  44.5cm 少しずつ調 子が 出てきた

11時半過ぎ、再び浮子が動き始めた。
夜も深まったのでタナを3本近くに落とす。
浮子の戻しが早いので固めに練りこんで待ち釣り気味に...
フワフワ上下していた浮子が一気に消し込む。

軽く合わせるとスーッと魚が浮いてきた。
軽いので大きくないと思ったが
水面まで浮いてからの竿から伝わる重量感が今までとまるで違う。

ゆっくり泳ぐが、寄ってくる気配はない。
焦ることはないので、疲れるまで泳がせる。

長い時間竿を立てていたが、ようやく魚が近づいてきた。
最後はすんなりタモに納まったが
掬うと片手では持ち上がらず、両手で引き上げる。

山田490  今年初の尺半 腹パン

早速、計測すると49cmジャスト! ようやく一枚出てホッとする。

その後直ぐに42.5cm、しばらくして44cm
アタリが続くので止めるにやめれない。
40cmそこそこのヘラが来たので、朝に備えて終了。

次の朝、6時から餌打ちするも全くアタらず11時前に終了。
夕方に備えようとしていたところ、急に用事が入って山田を後にした。