山田ダム釣行記(6/30)

先週の山田は一人ダムサイトで釣っていたのだが朝起きると周りは人だかり。
こんな状態で、まっちゃんの技量では釣れるわけもなく、早々に引き上げることに...

今週は釣れなくてもいいので一人静かに釣ろうと思った。
朝5時過ぎに起きて、誰一人いない上流から中流をゆっくりと見てまわる。
これが本来のまっちゃんのダム釣りスタイルだ。

結局、比較的モジリが多かった愛宕上流に入ることに。
竿は新しく買った閃光Rの22尺、取り合えず今日はこれが振りたかった(^^)。

朝7時前からタナ3本弱で餌打ち開始、ハリスは1.2号まで落とす。
浮子はタナを探るためムクトップの全長55cm、
シズを上に持たせゆっくりと深馴染みさせタナを探る。

 22尺で真中よりやや向こう側に浮子

しばらくするとツン!アタリで上がってきたのはマブナ(>_<)
結局、昼前まで釣ってマブナ3つ。
浮子の周りはたくさんフキが出るのだが、今ひとつ食い気がない。
水の動きが止まった所為か、まるっきりヘラ特有のサワリが見られない。

12時過ぎ、そろそろ止めようと思っていると細かな泡が浮子の周りに出はじめた。
そうこうする内、ようやく浮子に食い気のあるサワリが出た。

次の1投、ゆっくりと馴染み途中の浮子がブスッ!と落とした。
待ってましたと合わせると、そこそこの重量、
22尺なのでゆっくりと楽しませてもらう。

浮いてきたヘラは長手だが尺半ありそう。
掬って計測すると尾っぽが長く47.5cm やはり昼間の尺半は気持ちがいい(^^)

  yamada475 2枚 目の尺半 型イマイチですが

結局アタリはこれだけで、午後から用事があったので1時に納竿して山田を後にした。

ホーム
バック