風 屋ダム釣行記(7/14)

雨不足で低水位が続いた風屋だが梅雨の長雨でようやく20mラインを突破した。
金曜の夕方時点での水位は25.6m、丸瀬の柳際が面白い水位。

風屋フリークのまっちゃんとしては、何を置いてでも飛んで行きたいところ
あいにく台風4号が接近しているため、釣りは夕方までと決め久しぶりの風屋に乗り込んだ。

土曜の朝5時過ぎ、丸瀬に下りようとすると林道が倒れた丸太で塞がっている。
車から降りて、押したり引いたり転がしたりでようやく通れるように...
まさに”ファイト〜いっぱぁーつ!”の世界、全身汗だくに(^^;

釣り始める前にヘトヘトになったが、水位を確かめポイントを物色する。
濁っているので浅場でいけそうと踏み、草が浸かっているPに釣座を構える。
ゴミ除けもセットして釣り始めたのは7時前
竿8尺1本弱の草面の床チョイ切り

 丸瀬上手の浅場、草面が冠水 白濁

ところが打ち続けてもアタるのはウグイだけでヘラの気配がない。
これだけ一気に水位が上昇したわりには、ハタキやモジリが見当たらない。
9時過ぎ、ヘラの回りが悪いとみて
竿9尺、浮子を長めに変えて先ほどよりは気持ち沖目を狙ってみることに。

タナは若干深くなり馴染みで1本程度
すると浮子の動きが良くなり、時折スレアタリが出るように。
しかし、魚の気配が出てきたものの、食いアタリが出ない。
餌が草間で食わせにくい所為もあるが、食い気がなさそうだ。

30cm以上のデカウグイが何匹か釣れた後、
ツンアタリの直後に浮かしてきたアタリに竿を立てると
ゴボッ!とヘラが浮いてきた。
予想以上に強烈な引きに耐えてなんとか取り込む。

   久しぶりの風屋ベラ 

さっそく計測すると44.3cm、やっぱり風屋のヘラはいい(^^)v

この後11時ごろ41cmが来て、12時過ぎにいいアタリでそこそこのヘラが来たが
沖に走られ痛恨のハリス切れ (>_<) 
止まった手応えはあったのだがゴミ際で暴れたので切れたよう。
午後からはアタリもなく、4時半に横殴りの雨になり早々に納竿した。

広大なスケールで迫る自然の前では、人間の無力さを感じる。
”このダムを攻略するなんぞ100年早い!”
そう言われた気がして土砂降りの風屋を後にした。