堀河ダム 釣行記 (2007 6/15)

台風が通過した15日、午後から風もマシになってきたので、難攻不落?の堀河に出かけた。
2時半にバックウォータに着くと思ったより も水位が上がっていない。
台風の影響か、バサーが2人いるだけで3連休にしては釣人が少なめだ。

しばらく湖面を見ていると低水位ながら時折 魚がセっている。
堀河では過去、セりの釣りはしたことがないが濁りも 入っていたので
台地の駆け上がりの草面を狙ってみることに...

16尺の斜め打ちで草面にかかる場所を 1本弱のタナ、
魚の通り道なのか、魚影が手前から浮子の方に泳いで行くのが見える。

 16尺斜め打ち 台地の段差の草面狙い

しばらく餌打ちすると浮子が揺れはじめた。
魚が寄ってきたようだが、なかなかいいアタリが出ない。

3時半過ぎようやくドスンアタリで乗っ た 魚は重くてデカイ、
一瞬やったか?と思ったが、よ〜く見ると大ナマズ(>_<)
その後はデカマブやランカークラスのデカバ ス(^^;と本命が釣れない。

4時半過ぎ、食い上げアタリに合 わすと、ゴボッ!と水面に出てきた。 
おおッ!ヘラっぽいぞ。
重量感のある引きを堪能しながらタモに納める


 堀河の美ベラ40上

計測すると42.5cm 5、6年前に放流したものだろう が
堀河べラはめったに釣れないので、ムッチャうれしい (^^)v

その後はマブナ、チャンベラ?が釣れ続 いたが
6時くらいにアタリが静かになってきた。

何も触らない馴染みと少し早い 餌溶けを繰り返す。

濁りで見えないがヘラが寄っている、そ れもかなり大きい...
2004年の小森ダムの釣りを思い出す。
夕方で水位の上昇、岸際打ちのタナ一本、偶然に竿まで一緒だ。

頼むから落としてくれ、一投、一投願いながら打つ。(得意の神頼み)

警戒心の強い堀河ベラは最後まで落とさないかもしれない。
それはそれで仕方がないことだ。
そんなことを考えながら餌打ちを続けた。

7時前、見えにくくなった浮子にチクッとさわる、オオッ?
その直後だった
”ドスン!”と目の覚めるよう な2目盛りの落とし

咄嗟に合わすとゆっくりと魚が浮いてきた。

竿から伝わる重量感から先ほどのヘラよりも大きそう。
草に絡まないように慎重に魚を泳がせる。
少し時間がかかったが、最後は一発で掬えた。

 堀河の尺半、浮子が見えなくなる寸前 

計測すると47.2cm! よくぞ食ってくれました(^^)


その後、ナイターに突入したがマブばかりで10時ごろ納竿、
今年の釣運をこの尺半で全て使い果たした気がした。