二川ダム 釣行記(9/16)
三連休、土曜の昼までゴロゴロしていたが、これではいかんと昼過ぎから山田に出かけた。
4時半頃から釣り始めるが山田君の入れ食いで玉砕、山田は早々に諦め二川ダムで就寝。

9月16日(日)

朝起きると10時過ぎ、完全に寝過ごす。やる気のないのがわかる(^^;;
生石高原から降りてきた楠本橋ワンドは水が澄み過ぎ、しばらく見ていたが魚の気配がない。

諦めて帰ろうと思ったが、ふと上流も覗いてみようという気になった。
少し上流の吊り橋から下を覗いてみたが多少濁りはあるがここも魚の気配はない。
さらに上流の沼口ワンドに差し掛かかると湖面が茶色く濁っているのが見えた。

普通ならこれで引き返すのだが、メタボ対策ということで
散策がてら、歩いて7、8分の湖面まで降りてみることにした。
赤潮のように表面だけ茶色く濁っているが偏光グラスで覗くとその下にヘラ玉がチラホラ
 湖面に赤潮、右手に流れ 込み

良く見るとそれがワンド奥の流れ込みまで入ってきてウロウロしている。
これはうまく行けば釣れるかも?ヘラ玉を見ると俄然やる気が湧いてくる。
同じ道をテクテクと引き返し、再び釣り道具を担いで降りて来た。汗だくでいい運動(^^;

ワンド奥にむかって細長くしぼんでいく地形、
21尺で真ん中に餌打ちできる程度の幅になったPで11時半から餌打ち開始。

3投目ほどでサワリが出て、しばらくすると馴染み途中でドスン!
案外簡単に39cmのヘラが釣れてきた。久しぶりのヘラの感触にニンマリ。
その後、続けて41cmのヘラが釣れた。
さらにもう1枚同じサイズが釣れる
 二川ベラ 41cm

気を良くしたのもここまで。次からはスレの3連続!それもデカイ ヘタッぴ(><)
しかしスレを掻いても、掻いても、次の餌を打つと直ぐにアタる。

ここで餌を硬めに練り込み、タナを一本近くまで上げる。
浮子は相変わらず、せわしなく動くが
できるだけ ドスン!の良いアタリを取っていくことで安定して釣れだした。
ちょっと腹パン気味42cm

主体は38cm前後だが、3枚に1枚は40上というペース。
引きは結構強く、21尺なので上げるのにかなり時間がかかる。
時折、小雨が降ってきては止むことの繰り返し
この天候の所為なのか?いつまで経ってもアタリは無くならない。
20枚までは数えたが、それから先はわからなくなったというかどうでも良くなった。
なかなかの型43cm

流石に2時間ぐらい釣り続けると魚がかかると次の1投は当たらなくなり、
タナを一本半に下げると再びアタリ出して徐々にタナを上げるパターンになってきた。

アタリの取り方を色々探ってみて
早合わせを避け餌溶け近くまで待つ方が確実に乗ることがわかり、
さらにペースが上がってきた。3時過ぎからは完全に入れ食い状態。
管理池でもこんなには釣れないのでは?と思うくらいのペースだ。
 43cm級の良型

ただし型は大きいと思っても43cm級止まり、途中大物狙いでタナを下げたが
マブナが続けて釣れたので再び、浅ダナに。
結局、暗くなるまで釣れ続け、最後には竿の腰が抜け、玉網の柄もぐらついてきた。
何とか尺半級を、と腕が棒になるまで頑張ったのだが...

それにしても、ヘラ釣りを初めて、ここまでの爆釣は経験がない。
型を見れたらラッキーという二川のイメージが完全に変わってしまった。
湖面の濁り具合や天候など、全てがうまくいかないとこんな事は起こらないだろう。

それにしてもメタボ対策のお陰とはいえ、湖面近くまで見に行くことが大事です、ハイ
釣りの気力の萎えたまっちゃんの目を覚ますには十分か???
 型イマイチですが最長寸44cm

PS:次の週も行ったのですが完全ボーズ、これが本来の姿です(^^)
ホーム
バック