広野ダム 釣行記(4/26, 27)
今年は2月から山田詣でを続けているが巨ベラとの出会いがない。
いつもの山田とは"何か"が違う。
一言で"水が悪い"だけでは片付けられないほど大きなものを感じる。
というわけで、
山田に見切りをつけ、ヘラの顔を見たくて広野ダムに転戦(^^;。

4/26(土)
入るポイントは決まっていた、先週尺半のスレを掻いた場所。
朝、6時前に起きて一応他のポイントをチェックした後、
ゆっくりと準備に取り掛かった。
12尺の竿が振れるように7.2m磯ダマに木の枝をくくりつけて延長。
ゴミ除け、釣台をセットして8時くらいから餌打ち開始。
針は障害物が多いためダメジナ8号(もう売ってません(;_;))。
 ゴミ除けをセットするのが大変(^^)

下はひっつき虫が生えており、その中を1本半から2本の宙で狙う。
大きいヘラが来ると浮子が揺れはじめるので良くわかる。

この日は10時半までアタリなし、その後浮子が動き初め
10cmくらいのハエジャコが何枚か釣れてきた。
先週時合が11時過ぎなので、そろそろヘラに代わっても良さそうだが
依然としてハエジャコがつついている"こりゃダメだわ"

11時半過ぎ、やる気無く餌打ちを繰り返していたが
チクッと小さいアタリで合わせるとコツッと穂先が止まった。
ひっつき虫に引っかかったと思ったら穂先が締めこまれた。
アリャ?ハエジャコに合わせたつもりだったので、びっくり(^^;;

水中を泳ぐヘラはなかなかの型、よっしゃあー!
最後は口を上げてゆっくりと近づき、おとなしくタモに納まった
ホントに久々のまともなヘラに涙が出そう。(^^)
今期初ベラ 今期のお初です。

計測すると尺半足らず44.7cm、いい型なので上出来、上出来!
記念写真を撮った後、餌打ちするとまだ何かいそう。
ムズッと入った合わせに竿を立てるとやっぱりヘラ。
やや長手で43cm。その後、アタリがなくなって昼ご飯。

2時過ぎにヘラのような浮子の揺れが始まった、コレコレ待ってたのは。
しばらくして馴染み際にパスッ!と消し込み、
あまりいい型ではないが44.6cm 
 いいアタリを出してくれました

さらにアタリが続いてツン!アタリで合わせた奴は
そこそこの重さだったが途中、水中のツルに絡まり無念のバラシ
これでヘラも運も逃げてしまった。
その後アタリなく、夕方に納竿、気持ち良く"やすらぎの湯"に浸かる。

4/27(日)
再び昨日と同ポイント、9時半頃、チャンベラが釣れて
さあこれからという時に強烈な風が吹き始めた。
大波が立ってゴミ除けも役に立たず、昼前に断念。

昼から赤谷上流でセってたので浅場を短竿で狙ったが
チャンベラ10枚程度で大物は出なかった。

 竿9尺 立ち一本の床チョイ切りの宙

今年2月から続いたボーズにようやく終止符を打てた。.
今後、釣運向上といきたいものだが...?

記念写真 記念写真、ちょっと怖そうな人