08・05・11 堀河ダム

土曜日、山田ダムで冷たい雨の中ひたすら修行に耐えた。
チャンマブ2枚...
その夜、冷えた体を幸の湯で温め、堀河ダムで就寝。

朝6時半に起き、小雨の降る中、今年初の堀河の様子を伺う。
思ったよりも水位が高く
昨日の雨で水が上がった所為かそこそこモジリがある。

特に突端の通称”命がけP”のモジリは多かったのだが
ちょっと入るには傾斜がきつ過ぎる。
いったん諦め、再び山田に戻ってみた。

しかしモジリは少なく、ポイントを見てまわったが
イマイチ気乗りがしない、というか堀河の命がけPのモジリがどうも気になった。
”降りるのが無理だったらそのまま帰ろう”、再び堀河に引き返す(^^;;

11時過ぎ、雨はすっかり上がり、堀河の突端Pに到着。
上から湖面を覗くとクラクラして足が竦むが、ロープを使えば何とか降りれそう...
 通称命がけP、足を滑らせば湖面まで滑 落

ハリスは堀河の巨ベラに備え1.5号、針はダメジナ10号、
12時から竿18尺一本半の宙で餌打ち開始。

すると10投目くらいから浮子の馴染みがゆっくりになる、
おやっ?、餌打ちを続けると時折止めが入ったりする。
どうやらヘラが寄っている様、それもデカそうだ。

なかなか落とさないのでタナを馴染みの2本弱まで下げ
動きのある餌で誘ってみる。
浮子の動きが大きくなった数投目、
馴染みきった直後にブスッ!と2目盛り落とす。

ビシッ!竿が弧を描いて止まる、何だか重いゾ
一瞬スレか?と思ったが、ゆっくりと動き出した。
しばらくの間、竿を立ててじっとこらえていると
軽く尺半ありそうなヘラがゆっくりと浮いてきた。

初尺半ということで慎重にタモに入れようとするが
暴れてなかなか入らない。
何度目かのトライで掬った時にはグッタリと全身の力が抜けた。
掬い上げるとかなりの重量
堀河486 今年初の尺半!

傾斜がきついので崖の上まで持って上がり検寸すると48.6cm
堀河にしてはいいヘラ、堀河の最長記録更新です(^^)v

その後、再び餌打ちするとまだ何かいそう。
なかなか落とさず、ようやくチクッアタリで乗せると何とマブナ
これを機に昼飯を食べに上がる。

一時半から午後の部、数投でまた浮子がフワフワする。
馴染み切るとアタリが渋いことから
再びタナを1本半に戻す。
トップ1目盛り残して馴染んだ浮子
しばらく待つと、いきなり消し込みアタリが出た。

合わすとギューン!と穂先が引き込まれ、思わず中腰に...
何とか一回目の引きに耐えて魚を浮かせる
”ハリス1.5号で良かったぁ” 
よっやく掬うと今度もそこそこ有りそう...

堀河474 2枚目の尺半
 計測すると47.4cm ちょっと調子良すぎます(^^)

次に釣ったヘラは尺半にちょっと足らずですぐ放流
デカイのを見た後なので扱いもぞんざいだ(^^;;

フワフワアタリは続くがなかなか落とさない。
餌を練り込み少し待ち釣り気味に...
ブスッ!といいアタリで乗ってきたのは尺半ありそう。
これも引きが強烈で上げるまでに一苦労

堀河465 3枚目の尺半 お腹大きめ

先ほどの2枚よりは大きくないため傾斜をならしてその場で計測
ちょっとお腹が大きい46.5cm。

結局、もう1枚、同じサイズを追加して納竿
めったに釣れない堀河で
久しぶりにいい釣りを堪能させていただきました。
ごちそうさまです(^^)