堀河ダム釣行記(5/24,25)

3週連続の堀河、自分のツキにかけてみた
っていうか、ガソリン代も高くあまり遠出もできないし...

土曜日、午前の用事を済ませ昼前に堀河に到着、
珍しく対岸にヘラ釣りの先客がいた。
狭い川筋に向かい合うのも何なので、まっちゃんはさらに上流側に...
しかし、魚の気配は少なく、カメ4連打で玉砕 クー(><)

その後対岸の釣人が帰り、下流に場所変えして夕方まで打つもアタリなく玉砕!
堀河は元来、こんなもんなんです。
とりあえず夕方から振り出した雨に期待して早々に切り上げ、幸の湯に...
明日に備えてバックウォーター奥の駐車上で就寝。

夜中の3時、あまりの豪雨に目が覚めた。これはとんでもないことになりそう...
再び眠気を催し、次に起きたのは5時半過ぎ。
駐車場の前の小川が濁流で溢れ返っている。

早速バックウォータの湖面を見に行くと、昨日から2m程水位が上昇
茶色の濁りとゴミが渦巻き、全く釣りどころではない状況、あちゃぁー!
中流、ダムサイトとポイントを見て回ったが、どこも気配はイマイチ。
どうせダメなら足場の良いバックウォータの台地を釣ろうと引き返す。
 
ポイントを物色し、わずかに窪んだかけ上がりを狙う。
1m沖は急流だがその窪みだけはかろうじて流れが緩やか。
"ちょっとやってダメなら山田に移ろう"
そう思って7時半から餌打ち開始。

 画面奥から手前に川のような流れ

竿は7尺、 針はダメジナ10号にハリス1.5号。
濁りが強く、マッシュだけではキツイと思い、サナギ粉を混ぜてみた。
水面から所々突き出ているボサの中で浮子が立つ場所を探る。
タナ50cmくらいで何とか馴染む場所を見つけ、その中に大ぶりの餌を落としてみた。

一投目、馴染む途中から浮子が踊る。オオッ!
"魚が走っている"、これはひょっとすると..?!
2投目、3投目と浮子が踊り続ける、濁りで見えないが"ヘラ"が走っている...
5投目、踊っていた浮子が一瞬止まり 、
ブスッ!重々しく2目盛り落として止まった。 いいアタリッ!

合わせると重い! もしかしてナマズ??
ゆっくりと動き出し茶色の中から姿を現したのは紛れもなくデカべラ!
よっしゃあー!! この濁りでよく釣れたと感心。
掬ってみると顔の大きさから軽く尺半は超えてそう。

堀河482 堀河にしてはきれいなヘラ

計測すると48.2cm ちょっとお腹が入っている。
記念写真を取っている間にも水は凄い勢いで上がってくる。
慌てて釣台を上に移動。

30分毎に釣台を上げるせわしない釣りで
9時半までに44cm級を2枚追加、
その後、スレアタリも少なくなり、アタリが遠のいた。
打っていたポイントは深さを増し、流れがきつくなり昼前には水没した。

 午後から入ったP 竿9尺

午後からは上流の柳の際打ちを試してみたが
スレアタリばかりで玉砕。
水の上がり幅も少なくなり、濁りも薄らいで
食ってもおかしくない状況だったのだが...

結局、ダダ濁りの急激な増水の中、ほんの一時の時合だった。
やっぱり、釣りは竿を出して見なければわからない。
へらの事なんて半分もわかってないのかも...

堀河手持ち 顔が大きくイカつい。

ホーム
バック