山田ダム 釣行記 (2008/10 /12)

最近はまともなヘラが釣れないのでメッキリやる気が落ちている。
日曜日、車中泊から起きると7時 半、完全に寝過ごし...(^^;
急いで上流、中流を見て回るが三連休で良さそうなPは既に 埋まっている。

釣りせず、帰ろうかと思ったが、ふとボート を出してみようという気になった。
少し前に、何箇所か空気漏れしていた穴を修理したので
秋の釣りに備えて試運転しておこうと思った のだ。

愛宕橋の対岸に入りたかったが、釣 人が多かったので遠慮して手前の対岸ワンドに陣取る。
久しぶりのボート釣り、周りに人影もなくのんびり釣れて気持ちいい。
これがダム釣りの醍醐味なんです。
 ミオ筋でないのでバスボートの影響も少 ない

風が強かったので15尺、タナ2本の宙で10時からスター ト。
魚が寄ってきたようだが、なかなかいいアタリが出ない。
時折浮子の横にフキが出る。

11時過ぎに浮子にいいサワリ、少し浮かしてドスン!
合わせると40弱のヘラ、このクラスは不調の時でも上がってくる
マブナよりは随分まし
、少し気 合が入る。

12時過ぎ、チクッと抑えたアタリに合わせると
先ほどよりは少し大きいサイズが上がってき た。
なかなか良い引きで楽しませてもらう。

 きれいな放流ベラ
計測してみると42cm
よしよし、ヘラ立て続けで調子がよろしい。
 

しかしその後はいつものようにチャンマブの連発
これが来だしたらやる気が萎える
1時半過ぎからやたら浮子の下から細かな泡が上がってくる。
しかし浮子はほとんど動かなくなった。
おかしい...魚はいるハズなのに

2時前、
タナを2本半に下げてみた。
相変わらずアタリはない、次に3本、ダメかぁ
動かない浮子を見ているといきなりドスン!
ちょっと慌てたが、うまく合わせが効きいた。
重くゆっくりと動く感触
ようやく浮かすと尺半ありそう
山田の初尺半 恥ずかしながら山田の初尺半

慎重に掬って計測すると45.7cm 
全く予期していなかっただけにちょっとうれしい(^^)
その後、同じタナでスレを掻いてしまいアタリが完全になくなった
(><)

次の日は所用があったので4時に納竿
久々の気持ちいい釣り、そろそろこっちに運が向いて来た???