山田 ダム釣行記(10/18,19)

10月18 日
ようやく山田の上流で尺半が出始めた。
上流は殆どまっちゃんの貸切りなのでしばらくは静かに楽しめそうだ。
土曜日、朝6時に起きて愛宕の前を覗く。
モジリは相変わらず多い
幸い、橋の近くに人が入ってなかったので岩盤下手に付けてみる。

 対岸右手が愛宕橋

一人下手に入釣されており、時々竿を絞っている。
まっちゃんは15尺、2本、9時前から餌打ちスタート。
しばらく打ってみるがなかなかアタリが出ない。

10時半を過ぎた頃からチャンベラがアタリ出した。
1枚42cmが出たくらいで数は出るが尺1〜尺2のサイズが多い。

途中からタナ3本で通すが昼過ぎても型は相変わらず。
1時半、チクッと押さえ込んだアタリに手が反応した。
また小ベラだと思ったがガツンと止まった手応えから少し大きそう。
浮いて来たヘラは先週と同じようなサイズ。
 山田2枚目の尺半

計測してみると45.8cm ラッキー!
この後はまた子ベラに戻り、5時前に納竿
ナイターはせず、早めに就寝。

10月19日
日曜日は愛宕の台地の対岸で打とうと決めていた。
6時に起きてゆっくりとモジリを見るが湖面の真ん中付近が多い。
う〜んちょっと厳しいか...
8時過ぎから対岸にボートを着けて17尺で餌打ち開始
しかし左手で頻繁に出る泡付けが妙に気になって来た。

9時半、場所変えを決断
突端にボートを斜めに着け 竿も17から19尺に変更、泡付けが出ている場所を直撃。
まっちゃんは一回気になりだすと必ず場所を変える性質。
過去の経験からその方がいい釣りが多いし、ダメでも自分に納得が行く。

突端から左向き 左手は先週入ったワンド

タナ2本で餌打ちすると直ぐに浮子に反応が出た。
しばらく打つと餌の下からボコボコ泡付けが出る。
チクアタリでチャンベラ。次に40上のマブナ

次の1投、馴染んだ途端、ブスッと消し込み!”いいアタリー”
ガツンと乗った魚は重量感がある。ゆっくりと動くのでヘラだと確信
ガボッ、ガボッ!という音から尺半ありそう...
掬ってみると重量はあるが、型が良すぎる
 写りイマイチですが少しお腹が入った良 型

測って見ると43.8cm。(^^; いい引きをしてくれたので良し。

その後は40〜42cm級が安定して釣れ出した。
アタリもドスン!からムズッまで変化に合わせると殆ど乗ってくる。

調子がいいが型が揃いすぎている。狙うは尺半、
1時過ぎからタナを2本から3本、3本半と落としていったが
アタリが遠のいたのはいいが大物のアタリもない(ーー;

2時まで打って餌を練りなおし、もう一度上から探ってみる。
タナ2本弱で餌打ち開始。
一投目、馴染むと浮子がフッと上がり小さくツンと入った。
合わせるとボコッと黒いヘラが浮かび上がってきた。
あまり引かずにすんなりとタモに納まる。
  山田の地ベラ 尾っぽで稼ぎました

計測すると46.8cm、ラッキー(^^)v
この後も釣れたが、大きいのは出ず3時半に納竿
流石に2日連続だと腰もへナへナになりました。

10月とは思えないほど暑い一日だったが
久しぶりに数釣りを堪能、この地合が長くと良いのだが...