秋神ダム釣行記(7/31)
7月最終週の金曜日は職場全体の引越し作業があったため、
仕事にならないと踏み、前もって休みをもらっていた(自分の分は前日に済ませました(^^))。
たまたま秋神の水位を聞くと満水だったのでこの前のリベンジ?と出かけてみることに。

この前は余裕がなかったので、手前の道の駅でゆっくり6時半まで寝て出陣。
秋神ダムに着くと小さいトンネル上手に岐阜の方が二人かかっていた。
満水の秋神で釣るのは初めてなのでしばらく様子を見る。

しかし満水にもかかわらずヘラの数はチラホラ。”ちょっと遅かったか”
それも口をパクパク開けてどうみても釣れそうもない。アチャー...
しばらく見ていたが、せっかく来たので竿を出してみよう...
大きいトンネル上手の一番上流のたまり?に入ってみる
手前は全く魚ッ気がなかったのでバカ長をはいて釣台親子で立ち込む。
右の大きな木を除けて竹で止めました
竿17尺、一本半の宙、餌は奥に浮かんでいる草の島手前に落とす。
しばらく打つと小さいジャミがあたる。
その内30cm超えの大きなウグイが釣れだした。

一時間くらい餌打ちすると浮子の動きが急に静かに。
立て上がって浮子の周りを良く見るとヘラが数匹回っている。どおりで...
先週の小森の釣りと同じ、ただ型はこちらの方が大きめだ。
この釣りになれば食い気が出るまで餌打ちを続けるのみ...
できるだけゆっくり餌を落とすように重りを浮子近くに移動させる。

10時頃馴染み際に少し入った?ので軽く合わせてみると
ゆっくりとデカイヘラが浮いてきた。
水面でボコボコ!と暴れたと思ったら次の瞬間にバレてしまった。アイタぁー!(><)
バレたのも痛いが、暴れた水音で全てのヘラが散ってしまった。

その後はジャミあたりばかり。ヘラは帰って来ない。
12時を過ぎて気配がないので床を探りながらどんどんタナを下げていった。
ちょうど島の真ん中辺りに餌を落とすとうまく草に引っかからずに馴染む。
2本半近くまで落としてみるとジャミが追って来なくなった。

30分位打ってアタリなく、諦めて帰ろうと思っていた時、
馴染み切る間際にブスッ!と1目盛り落とした。
反射的に合わすとポコッ 大きめの口が浮かび上がってきた。オッ!
殆ど引かずユタリ、ユタリと近づいてタモに入る手前で暴れだした。
左右の草木に引っかからないように必死に操り、なんとか無事タモに納まった。
秋神尺半 顔はデカイが尻すぼみ(^^;

顔がデカイので47位あるかと思ったが尻尾が小さく45.5cm
しかし今年の秋神初尺半にホッと一息(^^)v
一枚釣って満足したので昼御飯に...
岐阜の方はダメだったそうで、二人とも昼で帰られた。

ゆっくり休憩してから餌打ち再開
しばらく打つと再びヘラが回り出す。ヨシヨシ
一時間ほど打った時、馴染み途中で2目盛りドスン!
ちょっと黒ッぽいヘラが上がってきた。
 ちょっと長手ですが。。。
計測すると44cm
その後は調子が出て40cm前後のヘラが安定して釣れだした。
夕方まで釣って8枚 全てアタリは馴染み切るまでの落ち込み。
結局、初めにバラしたヘラが一番デカかった。(^^;;

久しぶりに臥龍温泉ひまわりに寄り、ゆっくり浸かってから帰路についた。

案外、ゆったりと余裕を持って攻めた方がうまくいく時が多いです...(^^;

手持ち 尺半手持ちですがイマイチです。