山田ダム釣行記(9/26,27)

最近の山田はダムサイトが好調で満員、中流、上流はガラガラ
静かに釣りたいまっちゃんは型は小さいながら
誰も居ない上流Pでそこそこ楽しい釣りをしていた。
 上流の尺半足らずのヘラ

しかしシルバーWまで楽しめた上流もこの土曜日はヘラの食い気なくボーズ。
原因は水門を空けたことによる急激な水位低下。
毎年この時期から水を貯めだすのだが、工事でもするのか?何をすんのや!

日曜は好調のダムサイトで釣ろうかと思い、
少しナイターをかけたついでに釣台を置いて寝たのだが
起きて見ると10m間隔で釣人が並んでいる...

いくら釣れるといってもこんな中で釣るのは自分の釣りではない。
さっさと道具を片付け、中流、上流と魚の気配を見てまわる。

中流で一箇所、大きめのモジリがあった場所に入ることに...
ここは以前から気になっていて、一度入ってみたかった。
ロープと鎌を持って急な傾斜に何とか降りれる道を作った。
 傾斜は急ですが

8時前から餌打ち、19尺一本半のタナから始めるがいくら打っても生体反応なし。
そこでタナを少しずつ深くしていくがマブナもコイも来ない。
結局4本半まで落とし12時半まで打っててみたが全くサワリがなく
最後一握りの餌を3本半のタナで打って帰ろうと思った。

12時45分、あと三回くらいで打ち終わるという時、
馴染み切った直後にフッと浮子が持ち上がり小さくプスッ!と落とした。
アタリに飢えていたためか小さなアタリでも思わずビシッ!(^^;

何か乗ったが動きからみてマブではなさそう...
ボコッと沖めに浮いた魚は尺半以上あるデカべラ、オオッ。。。(@@
慌てずに時間をかけて掬ってみるとそこそこの重量

山田の48 暴れて泥まみれに(^^;
計測すると48.1cm ほんとに奇跡的に釣れてくれました(^^)

結局、この後もう一回餌を練ったが何も当たらず
この日たった一回のアタリで釣れたヘラでした。
案外、大物が釣れる時はこんなもんかもしれませんが...

 泥を軽く落とし綺麗になって帰ってもら いました



ホーム
バック