広野ダム釣行記(4/29〜5/1)

GW前半は蕎麦と温泉を楽しめたら良しということで福井の広野ダムに出かけた。
今年の広野は例年よりも残雪が少なく、水質がイマイチで良い釣果を聞かない。
4/29
朝起きて赤谷、バックウォータを見て回るがいつもよりもモジリが少ない。
”こりゃ釣れんわ”
せっかく来たので比較的安定しているBW大柳Pに入る。
竿14尺、2本の宙、
時々、小魚が餌を突付くだけで1日打ってノーアタリ(><)
その後、蕎麦を食べに行って温泉に浸かる。

4/30
午前中はダムサイトに入るが10時半頃から風が強まり釣りを断念。
釣れなくてもいいので風を避けれる赤谷で釣ろう...

12時前に赤谷に到着すると小規模のセリが見られる。
これはチャンスかも...
早速、ゴミ除けを組み竿12尺、一本強の床で餌打ち開始。
赤谷P 赤谷のP
しかし良く見るとセっているのは大半が鯉、
その所為かアタるのも大鯉ばかり。
70cm級を1枚上げただけでそれ以外は全てハリス切れ(><)
運が悪い時は2本飛んでしまうこともあり、あっと言う間にダメジナ一袋が空。

殆ど諦めかけた4時半過ぎ、
無意識で眺めていたトップが一目盛り押さえる。
反射的に合わせるとポコッとヘラが浮いて水面近くを泳ぐ。
やったぁ!型は小さいがうれしさが込み上げてくる(^^)v。
2009広野初ベラ 広野初ベラくん 良く釣れました
計測すると41.5cm 
1枚釣れると急に餌打ちに気合が入る。
6時頃から鯉のアタリが少なくなった。

6時45分、辺りが薄暗くなってきて浮子の動きが変わった。
大きな上下の後ドスン!40cmが乗る。
慌てて写真撮影して次の1投、
暗くて浮子が見えにくいがサワリが大きい。
同じ様なドスン!アタリで竿を立てると大きめのヘラが浮いてきた。
薄暗い中、お腹が白く浮き上がって腹パンなのがわかる。

堀河で強引に引っ張ってバラしたのを思い出し、妙に慎重(^^;
引きが弱まるまで時間をかけて玉網に掬った。
2009広野初尺半 2009広野初尺半
尾っぽが長くジャスト45cm やりましたぁ(^^)。
この後マブナを1枚追加してナイターに。
しかし、いきなりコイに糸を切られ緊張の糸も切れた。
直ぐに道具を片付けて温泉へ

5/1
昨日は10cm以上水が落ちたので、少し深めのポイントに陣取る。
釣台親子、竿12尺で沖の柳ぎりぎりに餌が着水、これで床を測ると2本強
ちょっと深すぎるか?と思ったが水が澄んできているので床で餌打ち。
 
この日も鯉が良くアタり、その度にハリス飛ばされる。
コイ以外はたまにウグイがアタる程度
昼間はどうせ釣れないと見切りをつけて3時まで昼寝。

餌打ちを再開すると釣り人が尋ねて来た。
”釣れますか?もしかしてまっちゃんですか?掲示板のクロちゃんです”
初めましてとお互いに挨拶
他のダムが不調で広野に来られたらしい。
”多分夕方に地合いがありますよ”とちょっと知ったかぶりにアドバイス(^^;
その後、6時前に夫婦で来られ熱いお茶の差し入れ、恐縮です。

夕方6時半を過ぎると雰囲気が良くなった。
浮子の動きが少し落ちついて来た。
6時40分、馴染み切った浮子がツッと小さく押さえた気がした。
合わせてみると底から大きいヘラが浮いてきた。
昨日の尺半と同じ位だが引きは強い。
広野2枚目の尺半 いかつめの尺半
今回も時間をかけて慎重に取り込む。
計測すると46cm
アタリはこれで終了。ナイターせずに納竿
2日間でダメジナ2袋が空になるタフ?な釣りに満足して帰路についた。