堀河ダム釣行記(5/23,24)

先週の日曜、風が強すぎて堀河では釣りにならず
転戦した山田で運良く44が釣れたので今週も出かけてみた。

朝起きてダムサイトを見ると既にPは釣人で埋まっていた。
モジリをじっくり観察するもあまりいい状況ではなさそうなので
上流、中流のモジリと水色を観察した後、堀河ダムへ。

堀河に到着するとHyo-taさんが釣られていたので状況を聞き、突端Pに入る
釣台親子の竿21尺の2本の床。
しかし10時過ぎまで打って全く気配がないので対岸に場所替え...

11時半から対岸ポイント下流側、竿19尺で2本の床前の宙
餌打ちを開始して一時間ほどはブルのサワりが続く。
しかし12時半を過ぎて急にサワリが無くなった。
浮子の雰囲気からヘラが寄っているようだったが結局食いアタリを出せなかった。
今日はバスボートやフローターが多くプレッシャーが高かった所為か...

その後再びブルがサワり始めたので一服して休憩...
昼間の地合がダメなら夕方しかチャンスがない。
バサーは大概、昼までで引き上げるので午後から静かに釣れる。

3時半ごろから餌打ち再開、
しかし床休め?してから更にも増してブルが激しく、
餌を練りこんでも馴染むのは3回に1回くらいの割合。
4時過ぎに浮子横5mくらいで茶色いヘラっぽいモジリが出た。

5時になって少し薄暗くなってきた時、
柳の花か何か白い綿のようなものが 浮子の周りを覆った。
見えにくいですが白綿のようなもの

浮子が見え難く、やっかいだなあと思っている時、
立ちあがった浮子がブスッと斜めに入った。
ブルが当たったと思って見逃したが、馴染み切って
またドン!と入るので竿を合わせるとガツン!と重い手ごたえ、
アリャ?

対岸のHyo-taさんに”バスかもしれん!”と言ったが
底から浮いてきたのは茶色っぽいヘラ(^^;;
多分先ほど横でモジッた奴だ。

引きのパワーは凄く腰のやわらかい二天粋渡月では両手を高く突き上げて耐えるのみ
時間をかけ、弱ったところをなんとか掬うと結構な重量
軽く尺半あるかと思ったが尾っぽが短いぞ!
 腹パン 型が良すぎました

計測すると44.5cm、Hyo-taさんに尺半ありそうと言った手前
小っ恥ずかしくなる(^^;; でも肉厚が凄いので記念写真!
この1枚でこの日はナイターせずに終了。

次の日は昼までだったので同じポイントで17尺で打ってみたが
アイベラ1枚で1時過ぎに納竿した。
少し消化不良気味ですが、とりあえず運だけで釣れてます。

 逆光で写真はイマイチですが...

ホーム
バック