山田ダム 釣行記(6/27,28)

土曜日、尺半がなかなか出せない山田に出向いた。
好調のためかダムサイトは車でぎっしり。
上流、中流と見てまわるがアオコが出て水が悪くモジリが少ない。

多少モジリが見られた中流でこの前のおっちゃんに遭遇。
入れ代わってすぐ釣れたことや445まで出たことを報告した。 
喋っている間にも何回か下流側でモジリがあったので
おっちゃんの下流側に入らせてもらった。

おっちゃんは尺半頭に3枚出したが、まっちゃんは昼まで打ってノーアタリ(><)
ここで山田は諦め、気になっていた堀河に。
夕方から10時まで打ってここでも完全ノーアタリ(><)。

おっちゃんは土曜で帰ると言ってたので日曜に後に入ってみようと山田に戻って就寝。
日曜はバスボートが頻繁に通るためチャンスは早朝とみて朝5時半から餌打ち開始。
竿は22尺(閃光R)タナ2本強、針ダメジナ10号、早いピッチで餌打ち。
馴染み切りを繰り返していると6時過ぎに空ツンが出始めた。
その後、3目盛りドスンッ!と入る空ツンが出たのでヘラだと確信。

浅そうだったのでタナを15cm程度上げ、2本弱で様子を見る。
数投目、馴染み途中で一瞬止めが入り、ツンと小さく落とした。
合わせると穂先がガツンと止まり、浮かんできたのはそこそこの大きさ。
竿が長いので時間がかかったが掬ってみると比較的いい型
山田2009初尺半 うまく早朝時合いで釣れてくれました。

計測すると45.3cm 2009年 山田の初尺半 
ようやく釣れたのでホッと一息 (^^)
その後、12時半頃タナ一本半でアイベラ追加で昼飯&休憩
日差しが強かったので紀の国まで行き木陰に車を止め昼寝。
風が心地良かったので3時半まで爆睡(^^;

4時過ぎから再び早朝と同じように馴染み切りで餌打ち開始。
しかし2時間打っても何のアタリもない。 ”様子がおかしい”
6時過ぎ、遠くのワンドでバッシャ!というヘラのモジリが出た。
"もしかしてタナが深い?"
しばらくして今度は近くでバシャッ!という大きいモジリが出た。
これで迷いが確信に変わった。
2本弱で打っていたタナを一挙に3本強まで落とした。

落として数投目、馴染み切る直前にサワリが出て、
馴染んだ直後にコツ!と小さいアタリが出た。
合わせるとあまり動かずかなり重そう。
ゆっくりと浮かすと少し腹パン気味で朝の尺半より一回り大きい。
2枚目の尺半夕方釣れた2枚目の尺半腹パン気味
計測すると46.5cm(後で確認すると口を合わす板がずれてる 47位あったカモ)
2枚のモジリのおかげで釣れました(^^; 
その後同じタナでマブが2枚来たので納竿した。

結局バサーのプレッシャーが少ない時にうまく釣れてくれました。