風屋ダム 釣行記(7/3、4)
去年は残念ながら一度も風屋で竿出しするチャンスがなかった。
今年は
何としても風屋ベラに会いたい。
運良く金曜日に年休が取れたので少し水位が上昇した風屋に挑戦。
7月3日(金)
5時半に起きてBWのワンドを見てみるとヘラが叩いている。これはチャンス!!
6時過ぎから竿10尺、1本ちょっとの底で餌打ち。水は驚くほど冷たい。
増水した割に濁りがなく魚の動きが手に取るようにわかる。
 早朝のポイント 水は少し澄んでいる
餌を打ち出して2時間、スレアタリばかりで食いが出ない。
魚がはしゃぎ過ぎて止まらない。
”こりゃダメかぁ”
嫌になって来たところで気分転換、一服して周りのポイントを物色、
30分位タナ休めして餌打ち再開。

心なしか魚の動きが緩やかになった気が....
餌打ち数投目、馴染んで動かなかった浮子が小さく抑えた。
カツッという手応えの後、ボコッと大きめのヘラが顔を出す。ヨッシャァー!

泳ぐヘラに何匹もセリにきて、掬う時に小さいヘラがタモに飛び込んできた。
2枚同時ゲットー!? 
飛び込んだ小さいヘラ君(40cmくらい)にはお引取りいただく。
風屋44 久しぶりの風屋ベラ いいです(^^)
計測すると44cm 久しぶりの風屋ベラにうれしさが込み上げる。
このイカツイ風貌に魅せられるんです。(^^)

その後は再びアタリが止まった。
2時間後、馴染み際のツンアタリで42.5cm
一枚釣れるとまた食いが止まるパターン。
12時位になると魚の動きがさらに落ち着いてきた。
この頃から浮子の動きが変わり雰囲気が良くなった。
ツンアタリで 38cm級が乗る。
 昼過ぎに釣れた43cm
続いて食い上げで43cm。
昼になって水温が上がった所為か、ようやくペースが出てきた。
続いて38cm級
1時頃チクッあたりで良型の42cm
 長さ以上の迫力。
その後35cm級を追加したところで雨が降り出してきた。
雨で水温が下がった所為かここで食いがパタッと止まってしまった。

午後になって尺半超えのヘラが下流から上がってきたが
長竿やポイントを変えたりしても食わせることができなかった。
結局夕方まで釣り、体が冷えたので夢の湯に浸かり早めに就寝。

7月4日(土)

再び早朝から餌打ち、水位の上がりが止まった所為か魚の周りが少ない。
濁りが入った浅場を打ってみたが食いが出ず、
斜め打ち1本強の床でなんとか一枚食わせることが出来た。
結局昼まで打ってこの42のみ、
完全に地合い落ちと踏んで、蕎麦を食べて帰路についた。
 土曜に一枚釣れてくれました。

ホーム
バック