小森&二津野ダム 釣行記(7/24、25)
暑い日が続き、日中に竿を出すのが億劫になってきた。
どこもあまり釣れそうにないので、楽釣りができる小森に出かけてみた。

土曜の朝8時前に小森に到着、この日は珍しくバサーが何人かいて賑わっている。
いつものように辺りを見回すと

手前の大きな木の周りに魚が見えたので、その木陰で竿を出すことに...
こう暑いと釣果よりも木陰で釣ることが大事です(^^;;;
 木陰が限界になって来た11時過ぎ

竿16尺、1本ちょっとの宙でエサ打ち開始
この日は普段よりも見えベラの数が多いのでちょっと期待...
餌打ちしばらくすると、
10枚以上のヘラが浮子の周りを回りはじめた。

しかし、釣れても良さそうなヘラ密度になるも一向に落とさない。
今日は食いが悪そうだ...
11時、そろそろポイントの木陰が限界になって来た時
ようやく、ドスン!と大きなアタリでヘラが乗ってきた。
小森40上 2010 小森初ベラ

検寸すると41cm、小森の標準的なヘラ
この後、水が落ちて魚の気配が無くなる&日があたり始めたので昼飯&昼寝。

4時前から反対側が木陰になったので場所移動して釣り再開
夕方になり魚の気配が出てくるも一向に落とさない。
結局、7時まで打ってアタリを出せずに土曜の釣りは終了。

途中からヘラ師の方も来られ、人のプレッシャーで食い渋ったのかも??
楽しみにしていたおくとろ温泉のぬるめの露天風呂にゆっくり浸かる。


日曜日は二津野ダムで久しぶりに竿を出す予定だったが
釣果に納得できず、午前中もう一度竿を出してみることに...

早朝から土曜と同じポイントでエサ打ち開始
6時頃になると魚が周り始めるが昨日と同じようにアタリが出ない。
7時過ぎ、思い切って20cm程タナを下げてみた、なじみで一本半程度。

すると不思議なことにエサに釣られてヘラの回遊層が深くなった。
これは釣れるカモ...
数投目馴染み切ったところでドスン!
 39cm

その後立て続けに同サイズを2枚ゲット。
10時過ぎにもう一枚追加したところでほとんどヘラが見えなくなり
少し早いが小森ダムの釣りを終了。
 最後に釣れた41.5cm


この後、玉置山を越えて二津野ダムに行ってみる。
二津野ダムはダム釣りを始めた頃、頻繁に通ったダム。
ここ最近はチャンベラの数釣りになってしまい足が遠のいている。

小学校裏を覗いてみると水嵩がやけに低い。
次に山手ワンドを見ると土砂が押して半分くらいの規模になっている。
濁りも強くあまり釣れそうにないなあ、と、良くみると
川が流れこんでいる浅場一面にヘラが真っ黒になってギラギラしている。
山手川ワンド 山手川ワンドおんどまり 竿先でへらの 群れ

これは爆釣の予感(^^)
早速、山手川ワンドに降りて浅場の流れ込みで竿16尺、
タナを測ると60cmくらいしかない。
短い浮子に付け替え、エサ打ち一投目から浮子が踊る。

3投目、踊っている浮子がドスン!尺2程度のヘラ
その後も立て続けに同サイズ
 2枚目のお腹大きめのチャン

何しろ浅場で真っ黒になっているので釣れないわけがない(^^;;
浮子が動きぱなしでアタリがよくわからない程。
ところが釣り始めた頃から急に雲行きが怪しくなり、雨が降り雷が鳴り始めた。
 4枚目37cm程度

頭上でも稲光と雷鳴、さすがに4枚目を釣ったところで一時中断
エサ打ちを始めてまだ30分も経ってない(^^;;

直ぐに納まると思ったが、結局一時間以上は待ったか...
雷がようやく収まり、釣りを再開したが...
アリャ?
竿先にギラギラしていたヘラがいなくなっている。

エサ打ちしても先ほどとは嘘のようにサワリがない。
結局もう一枚釣って気配がないので納竿とした。

ギラギラしていたヘラの中には
軽く40上を越えるものもいたのだが...