広野ダム 釣行記 (2010 8/21,22)

うだるような暑さが続く
大阪を脱出
お盆に抜かれた竿の穂先を捜しに再び広野を訪れた。
山が深いため夜になると24℃位まで冷え込み、涼しく寝られる(^^)

土曜の午前中は穂先を捜したが見つからず。
昼から岩屋の対岸に渡って釣りをしようと思い
バカ長を履いて浅い川を渡りかけたが途中ぬかるみにはまってしまい
竿と釣り台を抱えたまま、胸まで水没。(よく胸で止まりました)

盆も本流で急斜面を滑り落ち、2週連続の水浴び(><)
何とか渡り終えて釣りを開始したが寒くなってギブ
裸になって着替えを済ませたが、釣りをする気にもならず
ズブ濡れになった泥だらけの服を洗濯(^^;
ついで車も掃除してこの日は終了。いったい何しに来てるんだか(^^;;

日曜日早朝からバックウォータを攻めようと思ったが
既にバサーが数人はびこっていた

柳の際に釣台を設置、一時間ほど打ってみたがアタリなし。
水深は1m弱なのでバサーが来ると完全に終わってしまう。
 本流上流 竿22尺 一本の床

この時期、上流の浅場に接岸するヘラ玉狙いの釣り
ヘラが上ってこなければ終わりの賭け的要素が多い。

バサー連中は日が高くなると帰ったが結局午前中は殆ど釣りをせず
昼間も暑かったので木陰で昼寝。
午後3時くらいから釣りを再開、濁りが入った所為かヘラ玉は全く見えない。
4時過ぎ、初アタリで70cm級の大ゴイと格闘、
4時半を過ぎるとトップがフワフワしだした。

チクッとしたアタリに合わせるとゆっくりと魚が泳ぎだした、
ヘラだ!
あまり大きくないが狙った釣りで釣れたことがうれしい。
 最初に釣れた43cm級

計測すると43cm、その後、同サイズを掬う直前でバラシ(><)
尺2寸級をはさんで41cm
その後43cm級と立て続けに4枚釣って納竿とした。
 肉厚がある広野らしい良型

とりあえず釣れたので良し (^^;;