広野ダム釣 行記(8/28、29)

今週も暑さ でたまらず、またもや広野に来てしまいました(^^)。
土曜の朝、本流はバサーでつぶれていたので岩屋をじっくり見る。

バックウォータ 付近にヘラ玉が見られたのでロープを使って急な傾斜を降りる。
何とか3週連続の水浴びだけは避けたい(着替えは持ってきたけれど...)
途中、崩れた石が次々 に湖面に落ちていく。

ロープを二つ使ってようやく湖面に辿り着いた時にはヘラの気配は無し
傾斜が急だったので、しばらく足場作りに精を出す(^^;;

打っていたらま た戻ってくるだろう、九時頃から22尺でエサ打ち。
立ち一本強の15cmほど床を切った宙。
餌打ちを繰り返すが魚の気配はなく、時折ウグイがアタるだけ。
しかし、12時 を過ぎるとヘラダマが下流から上がってきて浮子近くをウロつきだした。

 足場を作って何とか急斜面に台を据える

時折、浮子がスレて踊るような動きを見せはじめた。
その中の小さい押さえ込みを取ってみると、デカいヘラが浮いてきた。
しかし、長いやり取りの途中で針が外れる(><) クゥー! 
裕に尺半超えていたが、 取ったアタリが小さすぎたよう...

次にドスンといいアタリを取ると40上の合いベラでガックリ(−−
気を取り直し、打ち込み を続けると消し込みアタリ!
軽く合わせるとゴボッ!と浮子の向こう側にヘラが出た。
今度はいいアタリなので大丈夫そう...
時間がかかったが慎重に取り込んだ。

 平らな場 所が無かったので釣台上

先にバラしたも のに 比べると小さいが尾っぽが長く46cm!
一匹釣れたので 満足し、食事に 上がり1時間後に再開したが何も当たらず
(こんなことなら食事せずに釣っとけば良かったか(−−;)

夕方4時半を過ぎると再び浮子がフワフワし始め、魚の気配 が出てきた。
どうやら下流からダマが上がって来たよう...
フワフワ した後のドスン!で立て続けに40前後のヘラ。

4枚目は少し大 き めのヘラが浮いてきた。
バレないように慎重に掬うと型が良すぎる。
計測すると44.8cm 尺半なくて残念...

 いい型でした(^^)

この後、40前後を2枚追加して計6枚、広野にしては久々の大漁となった。

次の日は同じ場所で早朝から打ってみたがヘラ玉が全く見られず、
マブ1枚で午前中に切り上げ、早めの帰路についた。
前夜、風が強かったのでその影響で下流に流されたのだと思うが
これがダムの釣り、一日で全く状況が変わる。
ホントに土曜は運が良かったです(^^)

それにしても22尺、タナ1本弱の釣りは疲れました。

 セルフタイマー 逆光で顔切れ(ーー;