二川ダム&山田ダム 釣行記(9/18、20)
9月18日(金)
今週は3連休なので久しぶりに二川ダムに出かけてみた。
二川はアタリボーズorウグイの入れ食いの可能性が高いダム。
しかし一度、この時期に爆釣(2007 釣行記No.9)したため気になっていた。

朝9時ごろ、沼口ワンドに降りてヘラ玉を捜すがあまり見当たらない。
ワンド奥に一つだけ小さい玉があったので試しに竿を出してみた。
爆釣したときと同じく21尺1本半の宙
しかし、ヘラ玉が浮子の近くを通っても全く無視(ーー;;
 最後に入ったドン深のP 21尺

昼過ぎ、2回目の場所替えでワンド入口の深場を狙う。
時折ヘラ玉が見えるため一本半〜2本の宙で打つが全くアタリなし。
結局、5時半まで打ってアタリボーズ(><) 二川温泉に入って帰ろうか...

この頃からポツポツとモジリが出はじめた。
5時45分頃、急に浮子の周りでボコボコとヘラがモジリ出した。
多分デカい玉が浮子の下に入って来たようだが
次から次へとひっきりなしにモジる、こんな経験は初めて(@@)

ところが...一本半で打っている浮子は全く動かない、何で???
2本、2本半とタナを落とし、3本まで落とすとようやく微かにサワリが...
するといきなりドスン!上げるとマブ(><)

次の一投、同じくドスン!で40cm程度のヘラ
それから3連荘で40前後のヘラが上がる。
辺りは薄暗くなり、浮子が見えなくなるまで時間がない。
写真を撮る時間も惜しく(^^; 掬って水中で針をはずし、慌てて餌打ち...

一枚マブナを挟んで4枚目に来たのはちょっと大きい。
尺半ありそうだったので計測しようと釣り台の上に載せたが
暴れて水中にドボン! クー (><)

浮子が見えなくなり、止める時間だったが、
アタリ続けているので温泉は取りやめ、1時間だけナイターしてみることに...
 最後に釣れた42cm 平均的な型
結局ナイターで3枚、計7枚の釣果で納竿した。
ただ、引きは強いがヘラの型はお世辞にもいいとは言えなかった。

9月20日(日)
中日は用事があり、日曜は山田で竿出し。
先週より 水色が少し悪くなって、上でアタるのはチャンマブが多い。
こんな時はあまりよろしくない...

二日前の二川の釣りもあり、タナ3本狙いの決め打ち。
食い気のあるヘラなら深場までエサを追ってくるハズ、
さすがに3本まで落とすと浮子の動きは静かになった。

エサ打ちを続けると微かにサワリが、
9時前、馴染む直前でドスン!といいアタリ。
合わせると重く、上がってきた魚の顔を見るとデカイ!
つい48位あるかも?と釣り仲間に言ってしまった。

ちょうど二川でスケールが壊れてしまったので
検寸をお願いして魚を持っていくと45.6cmしかない(^^;;;
 顔は48級だったんですが(^^;;

二川で細身のヘラを見てたので大きく見えちゃいました m(_)m
目の錯覚とは怖いもの(^^;;

結局、この日は昼に40上がもう一枚上がっただけで3時過ぎに納竿
食い気の無い時は何をしてもダメでした。

ホーム
バック