二川&山田ダム 釣行記(10/9)
10月の3連休、どこに行っても混むだろうと人のいない二川ダムに行ってみた。
先々週の検寸前に落としてしまった尺半級を何とか釣りたい...
小雨の中、ダム サイト付近の釣り場を数箇所確認した後、足場の良い沼口ワンドに入る。

この前から2m以上水位が上がり、スロープの途中まで水が来ている。
仕方なく、水際の木の間から竿を出してみることに...

時間は10時半、どうせ夕方しか釣れないだろうとゆっくりと準備
竿15尺タナ3本でエサ打ち開始、完全に夕方時合い狙い(^^;;

 水位上がり過ぎスロープ途中から竿出 し

2時間程エサ打ちして、ようやく出たアタリがデカウグイ!
一枚釣るとしばらく何もアタらなくなる。
午前中、 水位は徐々に落ちていたが昼前から雨がきつくなり
午後からは逆に上がりはじめた。

ドシャ降りの中、ふと浮子近くをヘラ玉が通っているのに気づいた。
タナは予想以上に浅く、深タナの3本から一本半に変更。
時折ヘラタマが通りすぎる時に浮子が揺れる、
もしかして釣れる時合いがあるかも...

3時前、ヘラダマが寄ってきてサワリが出はじめた後、ドン!といいアタリ
あまり引かずノボーっと本日の初ベラが浮かび上がってきた。
掬う手前から急に暴れだし取り込みに手間取る...

 ちょっとお腹入ってます 

42.4cm 少しお腹が膨らんでいるよう...
この後、ボツボツと同じようなパターンで40前後が釣れだした。
タナが浅いため釣れる時は、浮子の周りにうっすらとヘラダマが見える。

納竿間近、魚が居そうなのにアタらないのでタナを一気に2本半まで下げてみた。
と、馴染み切った後にドスン!
合わせると動きがゆっくりなのでちょっと大きそう。
強い引きに耐えて何とか取り込み成功。

 最後に釣れたヘラ

検寸すると44.2cm 尺半ならず(−−;
この前も浮子が見えなくなる寸前に釣れた魚はデカかった。
この日は結局6枚釣れ、釣果に満足したので
ナイターせず二川温泉にゆっくりと浸かる。
途中まで貸切りでした(^^)v
ホーム
バック