山田ダム 釣行記(10/24)
10月に入って山田の釣果は水色の悪化とともに下降気味...
今年も工事のためか、水を落とし続けているのが影響してそう。
まっちゃんは何とか完 全ボーズは免れているものの、一枚釣るのが精一杯(^^;;
サイズも尺半には届かず42、3止まり

 先先週の435

この日曜は二川で釣ろうと沼口ワンドに降り立ったがバスボートが次から次に降りてくる。
水位が高すぎ水際で竿出しすると、ボートが帰ってくる度に釣りを中断しなければならない。
諦めて他のポイントを探索、ダムサイトからBWまで見て周ったが
水が高過ぎいいPが見つからず&エンジン付きボートが走り回っていたので諦めて山田へ

11時前に国木原を抜けて赤土Pに到着すると誰もいない。
最近あまり釣れてないのと雨が降りそうなので釣人が引き上げた模様、
それならと右手突端の名Pに入らせてもらう。

 赤土右手突端の名P 水色悪し

竿は22尺、2本弱のタナで11時半からエサ打ち開始!
正面は本流、左手はダムサイト、右手は国木原と見晴らしが良く気持ちいい。

エサ打ちを開始して1時間ほどでチャンマブが乗る。
上層はややこしいのが多そうだったので
3本まで落としてエサ打ちするが
馴染み途中で上層のマブがアタるだけで本命のヘラは来ない。
2時間ほど打ってみたが、途中から何もアタらなくなったので再度2本弱に戻す。

戻して数投目、いつもなら肩で立ってゆっくり馴染む浮子が
立った直後、チョンチョンと2回弾んだので軽く効き合わせ。
すると、重い手応えが伝わり、ゆっくりと動きだし
その感触からヘラだとわかった。

 良く釣れてくれました(^^)

苦労して取り込んだのはボッテリと肉厚のある良型

検寸すると44.4cm 
多分アタリからして一本ない浅ダナで食ったのだろう...
この後はマブナ数枚で納竿。

結局この日も一枚、運良くかかってくれただけでした。
そろそろ今年の釣運も尽きそうです...