山田ダム釣行記(10/30,31)

今週末は台風の影響で釣りにならないと諦めていたが、土曜の昼には晴れ間が...
これなら釣りになるかも、と昼過ぎから山田に出かけた。
3時前に山田に到着、台風の影響か人気のダムサイト以外は誰もいない。
それならと前から目をつけていたPに入らせてもらう。
ここは大きいモジリが比較的岸近くに出て一度釣ってみたかった。

3時半からエサ打ち開始、4時過ぎに タナ2本に落とすとサワリが出始めた。
2回の空ツンの後、弱い押さえに合わしてみるとノボーと魚が浮いてきた。

 きれいなヘラくん

掬ってみるとヘラ 41cm 思いのほかあっけなく釣れちゃいました(^^)
この後、晩ご飯と買い物を済ませ、7時半からナイターしたがマブ一枚で玉砕...
気配は良かったんですが...こんなもんです(ーー;;

日曜日は6時半に起きて朝食をとり7時半からゆっくりと準備にかかる。
竿を前日の18から22尺に変更、タナ2本で8時から餌打ち開始。
しばらくエサ打ちすると浮子にサワリが出始める。
浮子の動きからフナ系のようだがなかなか落とさない。
9時半過ぎ、ようやく落ち込みでマブナ。

10時半頃から浮子の動きが良くなってきたが、
馴染み途中のアタリでスレを掻いてしまった。
この後は急にアタリが静かになり万事休す、か...

その数投後、馴染み切った直後にサワリが出て、一目盛りフッと落とした。
小さく突き合わした後、竿を立てると重い魚が乗っている。
バッシャーン!と大きな水音を立てたので尺半あるのがわかった。
急に慎重になり、無理せず時間をかけて取り込む。

 今期の最長寸 若干長手

計測すると47.8cm 予期せぬ大物にニンマリ
まだ釣り運残ってました (^^)v

この後はしばらくアタリが遠のいたが1時過ぎから微かなサワリが出はじめた。
2時過ぎ、魚はいるのだがなかなか落とさないので
20cmタナを深くして誘ってみると馴染んだ浮子が左右に揺れた。

エサに反応したか?と思っているとツンと小さく押さえた。
合わせると魚が乗って、ゆっくりこちらに泳いできて手前でUターン、
上層を泳ぐのでヘラのよう、
ひとしきり泳がせた後、近くまで寄せてきた。
 この日2枚目のヘラ
掬って検寸すると46.3cm 先程よりは良型です。

この後はマブ一枚で雨脚が強くなってきたので3時半に納竿。

ここ最近のヘラのアタリは殆どが小さく弱々しいものばかり、
極端な食い渋りに小針の釣りが功を奏しているのかも?

チャンベラ一枚でも良しと思っていたのだが、案外こんな時に釣れるもんです。
”無欲の勝利!”か?

  一発目のヘラくんです。


ホーム
バック