広野ダム釣行記(4/23)

近場のダムが不調のため、今年初の広野に出かけてみた。
今年の広野の水位は311〜313mまでの範囲を行ったりきたりしている。
この日の水位は313mで高い頂点、
期待してダムサイト、赤谷、BWと見て回ったが魚の気配無し。
この時点で帰ろうかと思ったが、せっかくなのでダムサイトに入ってみることに。

ゴミ除けをセットし、竿8尺一本半の床で9時半から餌打ち開始。
水は手を長く浸けられないほど冷たい。
天気は悪く、ホカロン2枚貼りでも震えながらの釣り
風が強くないのが唯一の救い。

 ダムサイトのP ゴミ除け必要です

午前中はジャミも全くアタリなし。
ただし2回、浮子が左右に動き、魚が横を通っている気配はあった。
昼飯を食べて再開
時折霧雨のような雨に気持ちも滅入る。

2時半頃、本日3回目の魚の気配、
浮子が立って微かな横揺れの後、ツンと小さいアタリ
合わすとボコッとヘラが浮いてきた。
取り込んで計測すると41cm
広野初ベラ 2010、広野の初ベラくん

よくこの水温で食ってくれたと感心。
その後はまた気配が無くなった。

4時半頃、馴染んだ餌をボーっと見ているとドスン!
目の覚めるようないいアタリ。
手を離していて合わせ遅れたがそれでも乗った。
水の中の魚は先ほどよりは大きそう
結構暴れたがうまく掬えた。

広野43cm 広野のべっぴんさん

計測すると43cm、なかなかのべっぴんさんです。
この後、水位が落ち始め
夕まずめの時合いはなくなった。

水位が落ち始めた&寒さでめげたので、
やすらぎの湯にゆっくり浸かって広野ダムを後にした。


ホーム
バック