広野ダム釣行記(5/2〜3)
GWは2日から釣りに行けることになり、
頼んでおいた浮子を取りに行く用もあり、今年も広野に出陣した。
浮子は広野の強風にも対応できる、少し重りを背負うもの。
超浅場の床用、浅ダナ用、深ダナ用の3本。
お金を払おうとしたが、釣ってもらうだけで良いとのことで早速、試釣してみる

今回はBWで竿出ししようと思ったが、魚の気配がイマイチ、
迷った挙句、安定している赤谷に入る。
どうせならと人があまり釣らない上流側にバカ長をはいて釣台親子で立ち込む。
最初は写真の左奥を13尺1本の宙で攻めてみたが下に柳が張り出しており
再三引っかかるので竿11尺に替え、立ち木の横を一本の宙で狙う。
赤谷P 赤谷P 新緑がきれい
偏光グラスで見るとたまにヘラが通っているのが見える。
しかし打てどもアタリなく、昼飯&昼寝で夕方の地合にかける。
のんびり釣れるのも広野の魅力です(^^)

4時前からエサ打ち再開すれどもアタリなく、床に落としてみる。
タチは2本弱で思いのほか深かった。(^^;;
水位は下がり続け、去年のGWに46を釣ったのと同じ状況。
しかしサワリが全くない。去年はコイの入れ食いだったのに...

半ば諦めかけたが6時半を過ぎ、最後にもう一度一本の宙に戻してみた。
すると少しだけ浮子がフワフワと揺れる、タナは浅い
戻して数投目、揺れが大きくなった後、ツンと一目盛り抑えた。
合わすと手応えがあり、大きめのヘラがゆっくりと浮き上がってきた。
思わずヨッシャー!
腹パンなので大暴れせず、ゆっくりとタモに納まった。
2010広野の初尺半 2010広野の初尺半
なかなかの重量だが型が良すぎるので尺半ないか...
計測すると45.5cm!!
今年も広野の女神は微笑んでくれました(^^)v

その後、浮子が見えなくなるまでやったがアタリなく納竿。
ナイターせず釣仲間と蕎麦食べて温泉にゆっくりつかる、極楽です!!

次の日は同じ場所で朝から打つもマブナ1枚
減水で水が澄んできて気配がなくなったので昼前に場所移動。
魚がウロウロしていた最上流の浅場で39.5cm, 
 最上流の浅場、竿6尺、50cm床チョ イ切り

昼過ぎから本格的にハタキが始まり、
対岸の浅場で35cm程度と型が伸びなかった。
減水中のハタキはP選択が全てですが、ホントに難しい。
とりあえず広野の釣りは満喫したので再度蕎麦を食べて帰路についた。

手持ち セルフタイマー 持ち方イマイチ

今回は日没間近の宙に戻す判断が功を奏した。
食い気がなかったので沈むエサを追わなかったのだろう。
”既成概念にとらわれないこと”
簡単なようで案外難しいです、ちょっと反省...