風屋ダム 釣行記(5/27)

5/27日、運良く休みが取れたので水位が上がった風屋ダムに突撃した。
BW付近を見て回ったが、放水で1m以上減水してるためか気配がない。
水も澄んできていたため、少し下流の丸瀬に下りてみようと思った。

丸瀬は新しいトンネルが出来て通行止めになったため、
トンネル付近に車を止め、メタボ対策と割り切って歩いてみた(^^;;。

降りてみると、この付近だけはまだ濁りが残っていた。
早速思っていたポイントに入ってみる。
 午前中にかかったP 竿9尺一本宙

ここは細い下草が植えていて右にいくに従ってなだらかに浅くなるP。
ちょうど一本半で下草にかかる所で草上一本の宙で攻めてみる。

しばらくするとウグイが釣れ出し2時間打ってもヘラの気配がない。
やはり、完全に地合い落ちのよう...
気温は13℃程度 風が強く、寒くて震えながらの釣り つ、辛らすぎる(><)...

九時半ごろ、ウグイがうるさいので少しタナを下げて草中にエサを入れてみる、
アタリが若干静かになる。よしよし
その内、フワフワするだけでアタリが出なかった浮子がブスッ!
合わすと、風屋の初ベラが浮いてきた。

2010風屋初べら 2010風屋初べら

型イマイチだが40位はありそう...計測すると43.5cm
その後ウグイが数枚釣れ、再び浮子の動きが静かに...
ツン後の食い上げに合わすと先ほどより大きいへら

風屋445cm 風屋らしいヘラ

尺半あるか?と思ったが44.5cm 残念!
その後40cm、続いてチャンベラが来て、再びウグイの猛攻に...
浮子の踊り具合に嫌気がさし、昼過ぎから床のいいポイントに場所移動。

 竿8尺1本の床 柳の影に入れる

床に落としてもウグイがアタるが宙よりも随分大人しい。
大ぶりのエサを打って待ち釣り気味に...
すると3時半頃、浮子の少し奥で大きいヘラがもじった。
再び地合いか!?、 浮子の動きは静かだが巨ベラの気配に気合が入る。

フワフワした後の小さいツンに合わせるとガボガボッ!と大きいヘラが走ったが
次の瞬間針がハズれ上の木に絡まる、”あちゃーー最悪!”
一気に全身の力が抜けた。

その後40cm級が立て続けに数枚釣れ、
午前中と同様、チャンベラが来て地合いが終わってしまった。
 41.5cm

結局、夕方の地合に期待したがウグイしかあたらず6時前に納竿
車までの道のりは長かったが、これも修行(^^;;

帰りに貸切りの夢の湯につかり、冷え切った体を温めた。